福島県のいわき花火大会は本場の港である小名浜港で
1万発が打ち上げられるビッグな花火大会
です。
 
そして、この花火大会のすごいところは
プログラムが寸分狂わず計算しつくされて
音楽に合わせて打ち上げられるところです。
 
そんな素晴らしいいわき花火大会も過去には
事故で一時的に中断したりしましたが

きっちりラストまで続行されるほど、
よほどのことでは中止しない見事な花火大会です。

そこで、今回はいわき花火2016の日程や打ち上げ時間のほかにも
過去にどんな出来事で中断されたのかなど情報をまとめてみました。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

いわき花火大会2016の日程と打ち上げ時間!

まだ2016年の日程は発表されていませんが、

2014年は8月2日、2015年は8月1日に開催されているように
いずれも8月の第一土曜日となっています。

ですので例年の傾向から

いわき花火大会2016の日程は2016年8月6日土曜日の予定です。

打ち上げ時間は19時~21時00分の予定です。

小雨時は開催され、荒天時は翌日に延期されます。

過去のいわき花火大会では事故で中断も

いわき花火大会の会場は小名浜港アクアマリンパークですが、

小名浜地区と聞いて、どこかで耳にしたことが有るなぁと
思われた方も少なくないと思います。

この地区は2011年3月11日の東日本大震災の時に
津波に見舞われた地区でもあります。

ニュースや震災後に編成された番組でも
この地区について取り上げられる機会が多かったので
それほど強く意識しなくても覚えてしまうほどでした。

震災の影響が大きかった土地でもあります。

かつては震災の爪あとがありましたが、
現在では見事に復興されて、震災があったことも
感じさせないくらい綺麗に整備されています。

2011年当時の大会でも規模を縮小しつつも開催されたということもあり、
まさに雨にも風にも地震にも負けない花火大会だということを
感じさせてくれます。

また、2014年に一度花火が打ち上げ開始35分後に
事故が有ったそうで一時的に30分くらい
中断してしまった事があった
ようです。

花火が筒の中で爆発、その破片が花火師さんに
当たって怪我をされたとか。
花火師さんもとてもおつらい思いをされたと思います。

もちろん怪我をされた方などの救急搬送や
安全確保の再点検などもあったため
中断した間の花火は打ち上がりませんでした。

しかし途中のプログラムを実行できなかったのですが
21時まできちんとラストまで花火は打ちあがりました。

その件に関して公式のフェイスブックでは
何よりも花火師さんを気遣うコメントが相次いでいて
いわき市の方はほんと温かい方だとしみじみ思いました。

全てを実行できなかったとはいえ、
けが人を出しながらも再開されていましたから
花火大会に対する情熱のすさまじさには感服でした。

2014年はたまたまゲリラ豪雨が相次ぎ、
他にも事故などのせいで中止になった花火大会が多く、
全国の花火大会にとって受難の年であったのかもしれません。

いわき市の花火大会はほかにも!

今回紹介したいわき花火大会の他にも、

いわきではお盆のシーズン中に

四倉鎮魂復興花火大会
夏井川流灯花火大会

があります。

夏井川流灯花火大会は97年を数え、
いわき花火大会よりも長い歴史を持ちます。

四倉鎮魂、復興花火大会は2016年で4回目。
地震の犠牲者への鎮魂の花火大会となっています。

長く滞在される方やいわきから近い方は
是非こちらの大会もチェックしておきましょう!

夏休み中のお子さんと一緒に出かけるのも良いと思います。