皆さんは「うつ病」の原因は何だと思いますか?
 
ストレス・人間関係・環境の変化などが、最初に思いつく人が
多いのではないでしょうか。
 
でも実は、性格もうつ病になる原因と考えられているのを
皆さんはご存知でしたか?

今回は、うつ病の原因となりやすい性格を3つご紹介します。

 

うつ病とは?

うつ病は精神疾患の一つです。

ただ気分が落ち込んだりやる気が出ないという状態を
うつ病とは言いません。

うつ病とは単純な気分の問題ではなく、脳の働きに何らかの
問題が起きて、自分では原因がわからなくても、苦しい状態が
長期間続いてしまう病気
です。

うつ病の原因になりやすい3つの性格

うつ病の原因になりやすいと言われる性格は、以下の3つが挙げられます。

1.循環性格

循環性格とは、社交的で明るい・親切な部分がある一方で
物静かで気弱という正反対の性格も持っている特徴があります。

循環性格の人は八方美人で優柔不断になる事が多く、物事を
決める時になかなか決断が出来ません。

なかなか決断出来ない事に悩んでしまう事で、うつ病に
なりやすい性格と言われています。

2.執着型性格

執着型性格とは、一つの物事に対して集中しやすく完璧主義で、
失敗やごまかしを許せない特徴があります。

執着型性格の人は頼まれたら断れない性格で、どんなに
疲れていても弱音を吐かずに無理をしすぎてしまう事が多く、
1人で抱え込んでしまいます。

誰にも相談出来ず1人で抱え込んでしまう事で心身ともに
疲れてしまい、うつ病になりやすい性格と言われています。

3.メランコリー親和型性格

メランコリー親和型性格とは、決められたルールを絶対に
守ろうとする特徴があります。

メランコリー親和型性格の人は、生真面目で周囲への気遣いも
欠かさない人が多く、執着型性格と少し似ています。

ルールに固執してしまう事でそれが上手くいかなかった時などに、
うつ病になりやすい性格と言われています。

まとめ

 
うつ病になりやすい3つ性格、いかがでしたか?

実は今回ご紹介した3つの性格は、どれも私たち日本人に多い
性格なのです。

どの性格も日本人らしい性格と言われたら、確かにと納得できる
部分が多いです。

でも、今回ご紹介した性格だからと言って、うつ病になると
心配する必要はありません。

あくまでも、こんな性格の人はうつ病になりやすいと
言われているだけです。

うつ病は、原因はこれだとはっきり断言出来ない、かなり
複雑な病気です。

知識がある医師や看護師でも、うつ病の診断をするのは
かなり難しいのです。

ただ、自分の性格を把握するのは、うつ病にならない為には
とても大事なことです。

もし、うつ病になってしまった場合でも
現在では漢方薬やカウンセリングなどで改善することができます。

あまり自分を追い詰めず、楽しいことを見つけたり前向きに
生きるようにしてみましょう。