おならの悩みで特に多いのは「ニオイ」だと思います。
 
おならがなければ人に気を使うことがないのに・・・と
お考えの方も多いのではないでしょうか。
 
そもそもおならとは何なのか?
おならが臭くなるのは何故なのか?

といったことを踏まえて
今回は、おならが臭くなる原因をご紹介します。

 

おならとは何?

そもそもおならとは何なのでしょうか?
おならは何で出るのか?

まずは、おならについて知りましょう。

おならの正体は「腸内ガス」

おならの正体は人間の身体に常に存在する空気、
「腸内ガス」です。

腸内ガスは腸を刺激して便が出るように促したり、
人間が生きていく上でとても大切な働きをしています。

おならは古くなった腸内ガスを出す為の生理現象

人間の身体に常に存在する腸内ガスは、新陳代謝により
毎日入れ替わります。

おならは古くなった腸内ガスを、身体の外へと排出するための
生理現象
です。

健康な人でも1日10~20回くらいは、おならをします。

 

おならが臭くなる原因

実はおならの正体である腸内ガスの99%は無臭で、わずか1%が臭い
という事実を、皆さんはご存知でしたか?
私達がおならを臭いと感じてしまうのは、そのわずか1%の
臭い腸内ガスが、あまりに強烈な印象を残しているからなのです。

臭いおならは「悪玉菌」が原因

皆さんは、ヨーグルトのCMで「善玉菌」「悪玉菌」という言葉を
見聞きした事はありませんか?

「善玉菌」とは、人間の腸内にプラスに働く腸内細菌です。
「悪玉菌」とは、人間の腸内にマイナスに働く腸内細菌です。

どちらも人間の身体に必ず存在している腸内細菌です。

悪玉菌は、硫化水素やアンモニアなどのニオイの素となる
有害ガスを作っています。

悪玉菌によって作られたこれらの有害ガスが臭い腸内ガスの
正体で、おならが臭くなる原因
です。

腸内環境のバランスが崩れると、臭いおならの割合が増える!?

さきほど、善玉菌、悪玉菌はどちらも人間の身体に必ず
存在している腸内細菌だと言いました。

健康な人の場合は、これら2つの腸内細菌のバランスが整っていて
悪玉菌による臭いおならの割合は1%になっています。

しかし腸内環境のバランスが乱れると、悪玉菌の数が
増えてしまい、臭いおならの割合が増えてしまいます。

 

おならが臭くなる原因、いかがでしたか?

「おなら=臭い」というイメージがあったと思いますが、
実は臭いおならの割合はわずか1%しかないという事実は
かなりビックリされたのではないでしょうか。

でも、わずか1%の臭いおならも、腸内環境のバランスが
乱れたらその割合は増えてしまいます。

臭いおならを増やさない為には、腸内環境を整えてあげるのが
大切になります。

腸内環境を整えてあげるのに、一番効果があるのは食生活の改善です。
食物繊維や乳酸を含んだ、善玉菌の働きを促す食品を、積極的に
摂るようにしましょう。