誰もが1度は経験するしゃっくり。
 
ほとんどのしゃっくりは「吃逆発作」と言って、横隔膜が
痙攣する事が原因で起きるしゃっくりのため、特に何も
しなくても48時間以内には治まります。
 
また吃逆発作の場合は、耳の中を人差し指でグイグイ押すと
すぐ止まるという特徴があります。

吃逆発作は、心配する必要のないしゃっくりです。

しかし耳を押してもしゃっくりが止まらなかったり、
48時間以上しゃっくりが続く場合は、病気が隠れている
可能性があります。

今回は、しゃっくりが止まらなくなる3つの原因を
ご紹介します。

 

しゃっくりが止まらなくなる3つの原因とは?

しゃっくりが止まらなくなる原因は、大きく3つに分ける事が
出来ます。

1.横隔膜刺激によるしゃっくり

横隔膜が、直接刺激を受ける事が原因で起こるしゃっくりです。

横隔膜刺激をによるしゃっくりには、消化器系の病気が
隠れている事があります。

しゃっくりが48時間以上続き、胃痛や胸焼けなどの消化器系の
症状もある場合は、横隔膜刺激によるしゃっくりの可能性が
あります。

2.中枢神経刺激によるしゃっくり

中枢神経が刺激される事が原因で起きるしゃっくりです。

中枢神経刺激によるしゃっくりには、脳の病気が隠れている事が
あります。

しゃっくりが48時間以上続き、1回のしゃっくりの感覚が短かったり
頭痛や吐き気がある場合は、中枢神経刺激によるしゃっくりの
可能性があります。

3.末梢神経刺激によるしゃっくり

中枢神経から伸びている末梢神経が刺激される事が原因で起こる
しゃっくりです。

末梢神経刺激によるしゃっくりには、呼吸器系の病気が隠れている事が
あります。

しゃっくりが48時間以上続き、1回のしゃっくりの感覚が短かったり
息苦しさなどを感じた場合は、末梢神経刺激によるしゃっくりの
可能性があります。

 

まとめ

しゃっくりが止まらなくなる3つの原因、いかがでしたか?

私たちが経験するしゃっくりは、ほとんどが放置しても問題がない
吃逆発作だとはいえ、病気が隠れているかもと聞いたら誰でも
心配になってしまうのではないでしょうか。

心配の必要がないしゃっくりの吃逆発作と、病気によるしゃっくりの
区別の仕方は、まずは耳の中をグイグイ押したらしゃっくりが止まるか
どうか
です。

耳をグイグイ押してもしゃっくりが全然止まらず、+αで他の症状が
48時間以上の長期間続く場合は、今回紹介した3つの原因が関係している
可能性がゼロではありません。

必ず病院へ相談しに行きましょう。

たかがしゃっくり、されどしゃっくりです。