皆さんは、関西で最も有名な
みなとこうべ海上花火大会2016をご存知でしょうか?

夜景と共にカラフルで色鮮やかな花火が見れる
とても素敵な花火です。
 
海の上で打ちあがるというのもポイントで、
海面に映る花火を楽しめます。
 
今回は、そんなみなとこうべ海上花火大会2016の場所やアクセスについて
ご紹介していきたい
と思います。

みなとこうべ海上花火大会2016の打ち上げ場所は?

みなとこうべ海上花火大会の打ち上げ場所は、
新港突堤からメリケンパークまでの神戸港海上
です。

メイン会場の一つである新港突堤、主に第1、第2突堤は
有料協賛席の場所でもあります。

無料で見られる場所もありますが、大変混みあう場所です。

また、みなとこうべ海上花火大会のメイン会場であるメリケンパークや
突堤付近の場所取りは2年前から禁止になりました。

なので、誰も座っていないシートは剥がされてしまいますのでご注意を。

では、どんな場所で見ればいいのか?
会場に近い場所か、会場から離れるけれども
花火が良く見える場所が適当なところでしょう。

では、そのみなとこうべ海上花火大会2016を見るための
穴場スポットへのアクセスを紹介していきましょう。

みなとこうべ海上花火大会2016のメイン会場へのアクセス方法

メリケンパーク付近の場合

メイン会場となっているメリケンパーク周辺は、
打ち上げ場所から近い場所の一つです。

無料で見れる場所であり、打ち上げ場所に近い場所であるため
混み合いやすい場所です。

では、そんなメリケンパークへのアクセスについて
説明していきます。

メリケンパークへの最寄り駅は地下鉄海岸線のみなと元町駅です。

まず、みなと元町駅を出たら南東にまっすぐ進みます。
そして横断歩道を渡り阪神高速3号神戸線に当たったら
しばらく高速道路を歩いてから右折してください。

そこから横断歩道を二つ渡ってまっすぐ行けばたどり着きます。
ホテルや神戸ポートタワーが近くにあるので、目印にすれば
その先に見えてきますよ。

詳しいルートはグーグルマップを参考にしてくださいね。

10分ほどで辿りつけるルートです。
しかし先ほども言った様に、この場所はメイン会場なので
場所取り禁止になったとはいえ混み合います。

そして18時以降は入場制限がかかってしまいます。

「どうしても打ち上げ場所近くで見たい!」と言う方には
こちらをお勧めいたしますが、早めに行っておいた方がいいでしょう。

ポートアイランド北公園の場合

打ち上げ会場の反対側ですが、混み合いにくく、
花火も見やすい場所の一つがポートアイランド北公園
です。
突堤が見える場所ですので、突堤周囲の花火が見やすい場所です。

では、ルート説明に入っていきます。

ポートアイランド北公園の最寄り駅は中公園駅です。
中公園駅構内を出たら右折して、中公園北の交差点を
渡ってください。

渡ったらしばらくまっすぐ行った後左折してください。
左折して出たところをさらに右折して、まっすぐ進んでいきましょう。
そうすれば目的地に到着します。

公園は階段が多いため、暗い時間に行くときは
足元に気をつけてくださいね。

こちらもかかる時間はおよそ10分です。
詳しいルートはグーグルマップでどうぞ。

神戸大橋が近くにある絶景スポットでもありますよ。
この橋はライトアップもされる夜景スポットとしても有名ですから
花火と夜景が両方とも楽しめます。

「混み合わない場所で見たい」と言う人にはオススメの場所です!

まとめ

いかがだったでしょうか?
みなとこうべ海上花火大会の行き方について
わかりましたでしょうか?

花火を見るならいい場所で見たいもの。
しかし混雑だけは避けたいものでもありますよね。

それぞれのメリットやデメリットを考えながら、
自分が一番いいと思える場所から花火を楽しんではいかがでしょうか?