女性なら誰もがいくつになってもキレイな肌でいたい!と思いますよね。
でも顔にシミがあると、残念ながらキレイな肌とは程遠い状態になってしまうのは
否定できません。ですのでシミは美容の大敵といってもいい存在です。
 
そんなシミは何が原因で出来てしまうのか?
シミを作らないように増やさないようにする為には一体どうしたらいいのか?
これらの点をしっかりと追及するために
 
今回はシミが出来る5つの原因とシミ対策をご紹介していきたいと思います。

シミが出来る5つの原因

~シミの種類はなんと5種類!~

シミなんてどれも一緒でしょ!と思っているかたも結構いるかと思います。

しかし実はシミには以下の5つの種類に分けられています。

①老人性色素斑
②肝斑
③そばかす
④色素沈着
⑤老人性疣贅

~シミが出来る原因はそれぞれのシミの種類によって違う!~

シミには5つの種類があるとお話しました。

シミの種類が5つもあれば、シミの原因もそれぞれに違いがあります。

①老人性色素斑の原因

老人性色素斑とは、シミの中で最も多く見られるシミです。
シミの色は濃いめで、ほっぺたの高い位置やこめかみ部分に出てきます。
老人性色素斑の原因は「紫外線」です。

わたし達の肌は紫外線を浴びると、肌を紫外線の刺激から守る為にメラニン色素という成分を作ります。

メラニン色素は肌の内側に蓄積すると「サビ」になります。
紫外線の影響で肌の内側にメラニン色素が蓄積して、肌の表面に出てくるとシミになります。

②肝斑の原因

肝斑は30~40代の若い女性に多く見られるシミです。
ほっぺたの骨のあたりに形のハッキリしないモヤッとしたシミが出てきます。
シミの色が薄くなったり濃くなったり変化があります。

肝斑の原因は「ホルモンバランスの乱れ」です。

女性に大きく関係するホルモンには黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2つの女性ホルモンがあります。

普段はこれら2つのホルモンはそれぞれバランスよく出されています。

しかし、妊娠やピルの内服.ストレスや睡眠不足…などでホルモンバランスが乱れると
黄体ホルモンの働きが活発になってしまい肌から皮脂がたくさん出してしまいます。

余分な皮脂が出てきた肌は紫外線を浴びた時のように、
刺激から肌を守る為にメラニン色素を肌の内側に作ってしまう事があります。

ホルモンバランスが乱れると肌の内側にメラニン色素が蓄積して、肌の表面に出てくるとシミになります。

③そばかす

そばかすとは、ホクロのような小さいシミの集まりです。
特に出やすいのが小鼻やほっぺたで、シミの範囲がかなり広いです。
そばかすは子供にも出て、色白な肌の人に特に多く見られます。

そばかすの原因は「紫外線」「肌体質の遺伝」です。
紫外線による影響は①老人性色素斑と同じ流れです。

肌体質の遺伝は、色白肌の遺伝やメラニン色素を蓄積しやすい体質の遺伝などが考えられます。

④色素沈着の原因

色素沈着は傷口部分に色素が沈着してしまうシミです。
傷の状態によりシミの色は薄かったり濃かったりします。
色素沈着の原因は「ニキビ」「火傷」などの傷です。

ニキビ.ヤケドなどで肌に傷が出来ると、
肌は刺激から肌を守る為に傷口にメラニン色素をたくさん作ります。

傷が出来た事で肌の内側にメラニン色素が蓄積して、肌の表面に出てくるとシミになります。

⑤老人性疣贅(ユウゼイ)

老人性疣贅(ユウゼイ)は、良性のイボです。

40代過ぎによく見られ、肌の表面がザラザラしていてひらべったいイボや盛り上がったイボなど様々な形があります。
色も薄かったり濃かったりします。
老人性疣贅の原因は「肌の老化」です。

肌は老化すると肌の生まれ変わるサイクルが乱れて古い角質が肌の表面に残りやすくなります。
古い角質が肌の表面に残っていると皮膚が分厚くなり、イボとなります。

イボに紫外線が当たると、イボがある肌の内側にはメラニン色素がたくさん作られます。
イボは肌にとって傷と同じような存在です。
イボのある肌の内側にメラニン色素が蓄積して、シミになります。

シミ対策

~シミを作らないようにするには?~

シミを作らないようにするには、「紫外線対策」「スキンケア」の正しい知識を身に付けましょう。

(1)正しい紫外線対策

紫外線は季節や天気で量に多少の変化があっても、1年で全く紫外線が出ない日というのはありません。
顔は隠す事が出来ないので肌の中でも紫外線の影響を一番受ける場所です。
1年中しっかり紫外線対策をして、肌を紫外線から守りましょう。

(2)正しいスキンケア

間違ったスキンケアは肌に負担を与えてしまい、肌の老化や肌トラブルの原因になります。
正しいスキンケアは「洗顔」「保湿」の2つポイントがあります。

洗顔はぬるま湯で洗顔料をホイップクリームのように
しっかり泡立ててから、泡で包み込むように優しく洗いましょう。

保湿は一番毛穴が開いている洗顔後5分以内に、美白効果のある化粧水をたっぷり肌に付けましょう。
手のひらがほっぺたに吸い付いたら、しっかり保湿されたサインです。

~シミが出来てしまったら?~

すでにシミが出来てしまった場合「紫外線対策」「スキンケア」の正しい知識を身に付けるだけでなく、
シミを薄くする効果のあるクリームを塗ってみたり内服薬を飲んでみる事をオススメします。

①老人性色素斑③そばかす④色素沈着⑤老人性疣贅には、「アットノン」「チョコラBB」などがオススメです。
②肝斑には「トランシーノⅡ」がオススメです。
どちらも薬局で売られていて、値段もそんな高くありません。

まとめ

シミが出来る5つの原因.シミ対策…いかがでしたか?
シミはキレイな肌にとっては天敵で強敵です。

まだシミが出来ていない人は、今からしっかりシミ予防をしましょう。
すでにシミが出来てしまった人も諦めずにこれ以上シミが増えないようにシミ対策をしましょう。

あたし達の肌は歳をとっても、回復するチカラを持っています。
シミに負けずにキレイな肌を目指して頑張りましょう!