皆さんは、山梨県にある
ハイジの村という場所をご存知ですか?
 
正式名称は「山梨県立フラワーセンターハイジの村」です。
四季折々の花を見ることが出来るイベントが開催されたりします。

ここはあの有名な『アルプスの少女ハイジ』の世界を
モチーフにしたテーマパークなんです。
パーク内には作品内で出てきた名前や地名がちりばめられているんですよ。

沢山の花を見に訪れる人も多く、
結婚式場として利用されてもいるんですよ。

そんなハイジの里は、冬にはイルミネーションで彩られるんです。

ハイジの村・光のページェントという名前のイベントなんですが
これも綺麗だと評判なんですよ。

映画の撮影に使用されたこともあるんだとか。

今回は、そんなハイジの里のイルミネーション2016-2017の
期間と点灯時間、見どころについて紹介していきたいと思います!

ハイジの村イルミネーション2016-2017の期間・点灯時間・入場料金は?

ハイジの村イルミネーションは

まだ発表されていませんが、
例年の傾向から
2016年11月中旬から2017年1月中旬までの間に行われます。

年によって正確な日時が異なるので
早めに知りたい方は
山梨県立フラワーセンター ハイジの村へ
お問い合わせください。

電話番号は0551-25-4700です。

点灯時間は夜間営業の終了時刻である
21時30までです。

ただし営業時間は結構早く、
午前9時からなので早めに行っても
思いっきり楽しむことができます。

入場料金は高校生以上が510円です。
高校生未満は250円です。

なお、年間パスポートを使う場合は
高校生以上が5100円、
高校生未満が2500円です。

※障害者と介護の付き添いの方は
障害者手帳や免許証などを掲示するとタダ。

また、1月から3月までは火曜日がお休みになるので
ご注意ください。(※火曜日が祝日の場合は営業されます。)

なお、冬という季節に開催される上にハイジの里自体高い場所にあります。
標高の高い地域であるスイスを意識しているかのような立地です。
ですので、防寒対策もきちんとしていった方がいいでしょう。

ハイジの村のイルミネーション2016-2017の見どころは?

では、ハイジの村のイルミネーションの見どころを紹介します。

ハイジの村のイルミネーションでやはり見ておくべきなのは
バラの回廊のイルミネーションです。

バラ回廊の長さはおよそ230メートルです。

「えっ?メートル?」と思われる方もいるかもしれませんが
書き間違いではありませんよ。
日本で一番長いバラの回廊なんです。

そんなバラ回廊を延々とイルミネーションの青い光。
長さがあるのでじっくりと堪能することが出来ますね。

また、ハイジの村を一周できる
「ハイジ号」というロードトレインがあります。
こちらも期間中はイルミネーション仕様になっているんです。

イルミネーション仕様になっているだけでなく、
一周して全部のイルミネーションが見える
ツアーも企画されるんです。

キラキラと七色の光で装飾されたハイジ号に乗って、
イルミネーションを見てみるのもいいでしょう。
きっといい思い出になりますよ。

「全部見たいけど歩くのが大変」
と言う方にはぜひおすすめします。

もちろん、ロードトレインに乗るには
乗車券を買うお金が必要です。
こちら一周で330円になります。

映画にも登場したハイジの村のイルミネーション

実は、このハイジの村のイルミネーション。
映画にも登場したことがあるんです。
『ヒロイン失格』というタイトルの少女漫画原作の映画です。

2015年9月に公開されたこの映画に、
ハイジの村のイルミネーションの一つである
キャンドルナイトが使われたのです。

映画を見たことがある人も、撮影場所がハイジの村だったことは
ご存知だったでしょうか?

「あのシーンのあの場所がここなんだ!」
と思った方は、是非訪れてみてはいかがでしょうか?
実物はスクリーンで見るよりもさらに綺麗だと思いますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?
ハイジの村のイルミネーションに興味を持っていただけたでしょうか?

映画のロケ地でもあったと聞いて、
一層行きたくなった人もいらっしゃるのではないでしょうか?

懐かしくもある『アルプスの少女ハイジ』の世界観が再現された
ハイジの村で、幻想的な光に包まれながら
冬の思い出作りをしてみませんか?

是非、ハイジの村に足を運んでみてくださいね。