九州で一番有名で人気のある
ハウステンボスのイルミネーション。
 
長い期間行われる子のイルミネーションイベントは
様々な場所でイルミネーションやアトラクションが見れます。
 
でもハウステンボスは広く色々なゾーンがあります。
どこにイルミネーションがあるのかは知っておきたいですよね。

また、ハウステンボスには様々なホテルがありますが、
その中に「変なホテル」というホテルがあります。
最先端の技術が使われているユニークなホテルです。

この記事ではハウステンボスのイルミネーションを楽しむための攻略法と、
関連施設について紹介していきたいと思います。

ハウステンボスイルミネーションの攻略法!

ハウステンボスは9つのエリアに分かれています。

その中でハウステンボスイルミネーションは、
主にアートガーデン、アムステルダムシティなどで
行われます。

ハウステンボスに入場してからまっすぐ行けば
アートガーデンにはすぐ入ることが出来ます。

アートガーデンに入る前に光と噴水の運河のクルーズ船に乗ってみるのも
いいかもしれませんね。
運賃は800円で、専用パスポートがあると半額になります。

アートガーデンでは今年は乗ることもできる巨大なドラゴンロボットが
登場するんですよ!
他にも光のバンジージャンプなど目玉のアトラクションがあります。

アートガーデンの先にあるアムステルダムシティには
プロジクションマッピングが映し出されます。
建物にドラゴンや不思議な光景が映し出されるんです。

アムステルダムシティからさらに先、ハウステンボスの最奥にある
フォレストヴィラにはキラキラ輝く光の宮殿があります。
この宮殿は実在するオランダの宮殿を元にしているんです。

このように、アートガーデンから奥に進んでいく形で
イルミネーションを楽しむのがいいでしょう。

アムステルダムシティまでのイルミネーションを一気に見たい場合は
クルーズ船を利用するといいですよ。

また、ハウステンボス内はとても広いため、
一休みしたくなることもあるでしょう。

そんな時はアートガーデンや、
その向かい側のアトラクションタウンにあるカフェやバーを
利用するといいでしょう。

特に、アートガーデンにある「光のアートガーデンカフェ&バー」は
一度行ってみるべきです。
ここでしか飲めない光るカクテルが味わえます。

詳しい地図は公式ページにあります。
確認してみてくださいね。

ハウステンボスの「変なホテル」とは?

ハウステンボスには、ヨーロッパをモチーフにした
素敵なホテルがあります。

しかしその中でも異色を放つホテルがあります。
それが、「変なホテル」です。何とこれが正式名称なんです。

この変なホテル、なんと接客や荷物持ちを
ロボットがやってくれるのです。

ホテルに入ると腕の形のロボットが荷物をロッカーに入れてくれます。
縦約40センチ、横72センチ、奥行き50センチまでの荷物が入ります。
料金は24時間で500円とリーズナブルです。

受付にはロボットがいて応対してくれるのですが、
人間と見まごう精巧な女性のロボットと
恐竜の姿のロボットがいるんです。驚きですよね。

しかも恐竜のロボットは英語も喋れるんです。
シュールな光景ですが、凄いですね。

ロッカーに入りきらない荷物は
別の荷台型ロボットが部屋まで運んでくれます。
ちゃんと人の歩調に合わせてくれる機能付きです。

部屋はなんと顔認証でのロックになっています。
部屋の空調は設置されている可愛いロボットがしてくれます。

このように、まるで未来にありそうなロボット尽くしの
ハイテクホテルなんです。
子供連れの方には特に好評でした。

便利な機能が満載のホテルですが、できたのは2015年と
ごく最近です。
その為まだロボットの会話が不慣れという声もありました。

また、ゴミを少なくするために
最低限のものしか置いておらず、物足りない感じもあるかもしれません。

ですが、世界初めてのロボットホテルということで、
注目を浴びています。これからの進化に期待ですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ハウステンボスは広いので、見たいものを絞って
それがある場所を目指していくのが良いです。

新しいアトラクションやロボットホテルなど
様々なことに挑戦し続けるハウステンボス。
ぜひ足を運んでみてくださいね。