ロックコンサートやクラブの大音量、銃声や爆発音など
短時間で大きい音にさらされることで起こる難聴です。
 
また、携帯やスマホ、パソコンで音楽などを大きな音で
イヤホンやヘッドホンで聴くことで起こる難聴が、
ヘッドホン難聴または音響外傷と呼ばれています。

 

ヘッドホン難聴または音響外傷になる原因は?

コンサートやクラブ、スポーツイベントの大音量、爆発音や
耳元での銃声など、短時間で大きい音にさらされた場合は、
聴覚を司る蝸牛が瞬間的に衝撃を受けることで難聴が起こります。

大きな音を聞いた直後から自覚症状が現れ、耳が詰まったような感じがしたり、
閉塞感が起こりそれが治まるとキーンと言う高音の耳鳴りや難聴がおきます。

また、ヘッドホンやイヤホンで毎日のように大きい音を長時間聴くことで、
蝸牛の有毛細胞が傷つき難聴が起こることがあります。

人ごみや電車内で使うと、まわりの音で音楽が聞こえず
音量を上げてしまいがちになります。

さらにヘッドホンやイヤホンをしていることで音の周波数が高いまま
直接耳に伝わってしまうのも耳にはよくありません。

最近の携帯音楽プレイヤーは性能もよく、バッテリーが長時間持つようになったり、
大音量で聞いていても周囲に音漏れがしないため、まわりを気にせず聞く時間も
長くなりがちです。

このため、若い人のヘッドホン難聴が増加傾向となっています。

ヘッドホン難聴又は音響外傷の治療法は?何科に通うべき?

コンサートなど、大きな音の衝撃で難聴が起こった場合はすぐ回復する場合も
ありますが、翌日になっても症状が続くようでしたら受診するのが良いでしょう。

急性の音響外傷にはステロイドが有効と言われています。
この場合耳鼻科に受診すると良いでしょう。

ヘッドホン難聴または音響外傷の予防方法5つをチェック

ヘッドホンやイヤホンによる難聴は徐々に聞こえなくなり、気付くのが
遅れてしまう場合も多いです。

難聴は蝸牛にある有毛細胞が傷つくことでおきますが、この有毛細胞は
小さなダメージなら回復できるようですが、持続的にダメージを受け続けると
回復できない
と言われています。

このため、難聴にならないように予防がとても大切になってきます。
以下の5つの予防法を意識して過ごすようにしましょう。

1.長時間のヘッドホンの使用は避け、連続使用せず途中で耳を休ませるように
しましょう。WHOは音楽プレイヤーの使用時間を1日1時間未満にすることを推奨しています。

2.音量を大きくしないよう意識しましょう。ヘッドホンやイヤホンを付けたまま
会話ができる程度の音量が良いでしょう。騒音時は音量を上げるのではなく、
ノイズキャセリングヘッドホンを使用するとよいでしょう。

3.コンサート会場などあらかじめ強大音を聞くことが予測される場合は、
耳栓をしたりスピーカーから遠い位置に立つようにしましょう。

4.疲れている時や体調不良なども関係してくるので、規則正しい睡眠、
適度な運動など体調管理も大切です。体調が悪い時はヘッドホンやイヤホンでの
使用は控えた方が良いでしょう。

5.定期的な聴力検査や、聞こえが悪い、キーンという高音の耳鳴りが続く場合は
早めに受診しましょう。