丸の内イルミネーションは丸の内仲通りの1.2kmを飾
る大規模なイルミネーションです。
 
クリスマスシーズンの混雑は相当なものを覚悟しなければなりません。
人が詰めかけすぎると交通規制、交通整理などの措置も行われますからクリスマスの前後は特に安全に気をつけたいところです。
 
さて、丸の内イルミネーションエリア内にはおすすめしたい
最寄り駅がなんと5ヶ所もあります。

それぞれの最寄り駅付近では、それぞれ開催期間は異なりますが
、なにかしらイベントをやっていたりします。
タイミングを合わせればイルミネーションめぐりが可能ですので
しっかりと抑えておきましょう!

丸の内イルミネーションエリア内の最寄り駅の場所5選!

丸の内イルミネーションのエリアはあちこちに点在しているので
自分が見に行きたいと思う場所に近い駅を選ぶのもポイントです。

東京駅では八重洲口のグランルーフのイルミネーションにも繋がっていますし、
ライトアップも含めたイベントを楽しむことが出来ますね。

東京駅のイルミネーションと言えばミチテラスで期間が短いですが、期間内に丸の内駅舎に行けば、
普段とは違った東京駅も見ることができます。

<東京駅>
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1 丁目、呑んき1丸の内北口店、9

丸の内イルミネーションの本丸である丸の内仲通りの一端を担うのが
大手町です。その大手町のイルミネーションに近いのが大手町駅です。

<大手町駅>
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目3-1

丸の内イルミネーションの丸の内仲通りのもう一方の端が
有楽町です。その有楽町のイルミネーションに近いのが有楽町駅です。

有楽町マリオンでも11月下旬から翌年のバレンタインデーあたりまで
イルミネーションが行われています。

<有楽町駅>
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2丁目9

日比谷には日比谷シャンテのイルミネーション(毎年11月下旬からクリスマスくらいまで)や日比谷公園の
イルミネーション(毎年12月中旬からクリスマスまで)が有名です。

<日比谷駅>
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目1

二重橋前駅は丸の内イルミネーションからの最寄り駅として
使われています。
また、二重橋もライトアップが例年クリスマス前後から
翌年の正月あたりまで行われています。

<二重橋前駅>
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目2

コラボイベントが見どころ

2014年はディズニーとのコラボレーションでの大混雑が話題になりました。

11月の半ばからクリスマスまで点灯されているとはいえ、
話題の作品をモチーフにしただけに
注目を浴びたのは言うまでもありませんね。

2015年の年末は”丸ビル1階のマルキューブ”にサーカス団のステージを
モチーフにしたスケートリンクの出現。

このリンクでスケートを滑ることが出来、
羽生結弦選手のソチオリンピックでのショートプログラムの
演技に使用されたパリの散歩道をBGMにした
照明による演出が見られました。

今年2016年の演出はどんなものになるのでしょうか?
こちらも気になりますね。

おすすめな観覧方法

丸の内ブリックスクエア~丸の内ビル

有楽町駅から東京方面に進むと、両サイドの街路樹の
イルミネーションで光のトンネルを楽しむことが出来きたりします。

このエリアが電力削減のLEDによるイルミネーションライトと
いうことですからそちらも見逃せないポイントです。

特別なことをしなくても綺麗な写真が撮れるということなら
是非ともこの方角で足を運んでみたいものですね!

混雑状況や通行の妨げにならないように
気をつけて見るようにしましょう。

イルミネーションエリアは1キロ以上ありますから場所選びも出来ます。

出来ればお休みの日、クリスマスシーズンに見に来たい場所ですが…。

交通整理などの実施も可能性が有ることは
忘れずに見に来るようにしましょう。

混雑を避けるには

せっかくのイルミネーションの輝きですから、
できればゆっくり鑑賞したいですよね。

夕方の5時以降からの点灯の開始ですし、
丸の内仲通りでは11月中は夜の23時、
12月中は24時まで点灯していますから
見られないということはありません。

ですが特に混雑するのは観光客もカップルもデート両方
イルミネーション鑑賞に訪れやすいクリスマスシーズンです。

もちろん休日も混みやすいので出来れば
平日に鑑賞に来るのが混雑を避けるには一番の方法となります。

いかがでしたか。

これだけイルミネーションのイベントが密集している
場所もそうそうあるわけではありませんので、
ぜひ、タイミングを合わせて丸の内エリア内の
イルミネーションめぐりをしてみてくださいね。