伊勢崎花火大会は群馬県で開催される花火大会で、
止めどなく打ち出される花火が特徴です。

 
少し前にこの花火大会では事故が起き、
中止にまで追い込まれたことがありました。
 
しかし2013年から復活し、
厳重な安全対策の元に行われるようになりましたが、

特色である止めどなく打ち出される花火は
続けられることになり、内容もほとんど変わりませんでした。

これはほんとすごいことですよね。

そんなすばらしい伊勢崎花火大会2016の打ち上げ場所と
観覧場所、駐車場、さらに観覧場所へのアクセスルート
について
詳しく説明していきたいと思います!

伊勢崎花火大会2016の打ち上げ場所と観覧場所は?

伊勢崎花火大会2016の打ち上げ場所は、
ラブリバー親水公園うぬき多目的広場です。

両毛線伊勢崎駅側の広瀬川に面した公園です。

この花火大会、珍しいことに有料席が設けられていないんです。
なのでタダで好きな場所から見られる
んです。嬉しい話ですね。

でも、それならどこで見ればいいの?
と思われるでしょう。

伊勢崎花火ならまずはここ!
という観覧場所が実はあります。

西部公園や伊勢崎オートレース場や仮称スポーツ広場などです。

伊勢崎花火大会2016の駐車場は?

伊勢崎花火大会2016の駐車場として
伊勢崎オートレース場が花火大会の為の臨時駐車場で設けられます。

台数も多いので余裕を持っていけば止められる場所です。

伊勢崎オートレース場の場合は臨時駐車場ということもあり、
駐車場の台数はなんと6500台も置けるんです!

とても多くの車が駐車できますよね。

歩かずにすぐにでも花火を見たい
余裕のある駐車場に止めたい
と言う方はこちらへ行くことをオススメします。

伊勢崎オートレース場から見るのもアリですが、駐車場から歩いて
西部公園や仮称スポーツ広場に行くというのもいい
でしょう。

駅から打ち上げ場所近くや西部公園などに行くとなると
長くて40分くらいかかってしまいますが、
伊勢崎オートレース場からなら20分と少しくらいで着きます。

なので今回は、車で伊勢崎オートレース場へ行く場合と、
オートレース場から徒歩で行く場合のアクセスルートを
紹介していきますね!

伊勢崎オートレース場へ車で行く場合

まず、伊勢崎オートレース場への車でのルートを説明します。

駒形バイパスに合流するために、
北関東自動車道を通っていくのも良いです。
グーグルマップを見ての通り、料金所がすぐ近くにあります。

そこから県道2号線である通称駒形バイパスに入ります。
そしてまっすぐ走りオートレース場入り口の交差点で左折してください。

そのあと少し行ってから左折すると辿りつきます。
ここまでで約7分です。

グーグルマップを貼りましたので参照してください。

徒歩で伊勢崎オートレース場から西部公園と仮称スポーツ広場へ行く場合

では、伊勢崎オートレース場の駐車場に車をとめてから
徒歩で行く場合のルート説明をさせていただきますね。

地図上には何も書かれていませんが、
西部公園と仮称スポーツ広場は隣接しています。

なので、西部公園までのルートだけを紹介していきます。

まず、伊勢崎オートレース場を出たら左に曲がります。
その後信号を渡らず右折します。
少し歩いたらまた左折して用水路沿いにまっすぐ進みます。

バス停が見えるところまで来たら左折して、
また用水路沿いにまっすぐ歩けば到着です。

ここまでで約20分です。
西部公園の左隣が仮称スポーツ広場です。

打ち上げ場所の対岸になっているので、
花火をもっと近くで見たいならここがオススメです。

詳しくはグーグルマップをどうぞ。

まとめ

いかがだったでしょうか?
伊勢崎花火大会2016へのアクセス方法は分かりましたでしょうか?

会場近くに駐車場が。それも無料のものがあるというのは
とても便利でいいですよね。
しかもそれで台数が多いというのだからとてもお得です。

駐車場がある場所で見るのもいいですし、
そこから良く見える場所に移動してみるのもいいです。
自分の見やすい場所を探しましょう。

是非、終わりまで止まない約一万発の花火を
堪能してきてくださいね!