前橋花火大会は戦後から続く花火大会で、
ナイアガラが見どころになっている花火大会です。
 
特に、前橋花火大会発祥といわれる「空中ナイアガラ」、
大きな橋をカラフルな色が伝い落ちる「虹のナイアガラ」は
ぜひぜひ見ておきたい花火ですね!

 
そんな前橋花火大会2016の駐車場や有料席、無料観覧場所、
穴場スポット、アクセス方法も紹介していきます!

前橋花火大会2016の打ち上げ場所は?

前橋花火の打ち上げ場所は、利根川大渡橋の西側の河川敷です。

大渡橋をはさんで北側と南側の二ヵ所の河川敷で打ち上げられます。

そして全長400メートルの「虹のナイアガラ」は
大渡橋の北側で行われます。

わかりづらいと思いますが、以下のマップをごらんいただき
大渡橋近辺の河川敷で打ち上げられると思っていただければOKです。

打ち上げ場所が河川敷なので、
花火大会中この河川敷は立入禁止になります。
危ないですから仕方ないですよね。

また、大渡橋は花火の仕掛けに使うため車両全面通行止めになります。
大渡橋を挟む中央大橋と上毛大橋は立ち止まっての観覧が禁止されています。

見事に打ち上げ場所付近が閉鎖されていますが、
勿論近くで見る方法もあります。
それが有料席です。

前橋花火大会2016の有料席と無料観覧場所は?

有料席と無料観覧場所の場所は?

前橋花火大会2016の有料席は少年野球場の河川敷側です。
河川敷側の反対側に無料観覧場所があります。

つまり、有料席が花火の打ち上げ場所に近い側で
無料観覧場所が遠い側に設置されます。

詳しいマップは以下のとおりです。

トイレもゴミ捨て場も当日席の販売場所もこの少年野球場に
設置されています。

なお、河川敷側に道路があるのですが、
そこは場所取りが禁止されていますし、立ち見もできません。

そして前橋花火大会の本部はこの少年野球場の南側の
ゲートボール場です。
警察や消防も本部の近くに設置され、ゴミ捨て場もあります。

有料席へのアクセスは?

有料席会場である少年野球場の最寄り駅は前橋駅です。
最寄り駅といっても徒歩で1時間くらいかかるほど離れています。

タクシーで行かれる場合

当日は午後3時ごろから車両通行止めが始まります。

ですので、もしタクシーで行かれる場合は
以下の群馬森林管理署の手前の信号機あたりまで
行くとおよそ15分くらいで着く
のでよいかと思います。

バスで行かれる場合

前橋駅のバスは路線バスと臨時バスがあります。

路線バスは渋川駅行きの2番ターミナルから乗れます。
ただ、時間は交通状況によりけり変更が生じますので

詳しい乗車時間のお問い合わせは関越交通0279-24-5115でご確認ください。

また、臨時バスは午後4時から前橋駅の1番か3番のバス乗り場で乗れます。

昨年どおりですと1番のバスは関越交通。3番は日本中央バスの運営です。

1番バスは岩神小学校前行き。
3番バスは前橋公園行き。

となります。

岩神小学校と前橋公園では距離が全然違います。

岩神小学校のほうが有料席会場まで断然近いです。

ですのでもし有料席の会場である少年野球場まで行かれる場合は
岩神小学校行きの臨時バスに乗るようにしましょう。

岩神小学校は以下のマップをご覧ください。
有料席の会場まで歩いて6分ほどで行けます。

前橋公園から有料席の会場までは歩いて25分と結構遠くなります。

そして運賃は大人200円、子供100円です。

もちろん帰りの臨時バスもあります。

1番バスは岩神小学校前から前橋駅行き。
3番バスは前橋公園から前橋駅行き。

となります。

帰りの出発時刻は午後9時からです。
雨などが降ってるともっと早めに出発するようになります。

ただ、行きも帰りも臨時バスは本数はあまり多くないので
余裕を持って停留所に到着している必要があります。

有料席の料金は?

有料席は個人席が2500円。
5人分のテーブル席が15000円です。

確実に良い所から花火を見たい場合はこちらがオススメですね。

有料席は当日の販売場所で購入することができます。
有料席の入り口がありますので、そこが販売場所になっています。

詳しい場所は以下をご覧ください。
前橋花火大会
※出典サイトURL(http://www.maebashi-cci.or.jp/assets/files/sightseeing/27hanabi/hanabi_yuryosekizu.pdf)

予約は受け付けてないようです。

販売開始時間は当日の午後4時からなので
早めに行く方は午後1時にはすでに並んでいるのではないでしょうか。

とにかく早めに行ったほうがいいですね。

当日の開催されるかの案内は
0180-99-3636(午後1時から午後10時まで)
です。

そして、お問い合わせ先は前橋市役所観光課
027-210-2189
です。

前橋花火大会2016の穴場スポットは?

さて、もちろん前橋花火は無料で見られる場所もあります。

前橋リリカの屋上駐車場

前橋リリカというネーミングセンスは抜群で、
かなり印象に残ると思います。

ハーフ系の美女の名前かと思いきや、
実は衣料品店やサンドラッグ、雑貨店、ブックオフ、
スーパーマーケットやレストランなど、ありとあらゆるテナントが
入っている大型ショッピングセンターです。

当日は屋上の駐車場を無料開放してくれるので
かなり良い眺めが期待できます。

ほかにも以下の3箇所が穴場となっています。
余裕のある方で興味がある方はグーグルマップで確認しておきましょう。

・正田醤油スタジアム
・グリーンドーム前橋
・群馬県庁の展望台

ほかにも確認したわけではないですが、
群馬県庁は展望ホールが観覧場所として
解放されていて前橋公園も使えるらしいです。

ちなみに虹のナイアガラは前橋公園からなら
見やすいといわれています。
もし気になったかたは調べてみてください。

前橋花火大会2016の駐車場は?

前橋花火大会2016の駐車場は無料だけで6000台以上、
さらに有料駐車場も1000台以上置けます。

無料の駐車場の利用時間は早ければ正午から
遅い場合は午後5時からになります。

有料駐車場の利用時間は24時間体制なので
特に時間を気にする必要がありません。

詳しい駐車場の場所は今年のはまだ発表されてませんが
昨年のマップがありますので、

以下の公式ホームページでご確認ください。