口内炎は何の前触れも無く、ある日突然、舌や歯茎が痛くなり
食事がしみるという経験をしたことがある方はたくさんいるのでは
ないでしょうか。
 
口内炎になったことがある人と聞けば、ほとんどの人の手が
上がることでしょう。
 
私たちにとってそんな身近な口内炎ですが、大きく分けて
5種類に分けられます。
また、その種類によって対処が違います。

そこで、口内炎の種類や原因についてまとめてみました。

 

口内炎の原因5種類とは?

1.アフタ性口内炎

一般的に最も多い口内炎です。

周辺が赤く縁取られ、中央が白く窪んだアフタ(潰瘍)ができ、
大きさは1cm未満になることが多いです。

口腔のいろんな場所(歯茎、舌、唇、上顎、頻度は少ないですが
扁桃腺の周辺など)に発症します。

そして気がつかないうちに、一度にたくさんできてしまうことも
あります。

ご経験された方は大変つらい思いをされた方もいると思います。

1~2週間で治癒することが多いですが、繰り返しできることもあり、
これを再発性アフタといいます。

何度も繰り返したり、目や外陰部など他の部位にも潰瘍が
できるようなら、ベーチェット病の可能性もあります。
早めに受診した方が良いでしょう。

原因は口腔内の粘膜が弱っていたり、噛んだ傷や硬いものが
当たってできた傷から細菌が侵入し、炎症を起こすことで
発症します。

他には風邪、体調不良、暴飲暴食、胃腸障害、ストレスによる
免疫力の低下などにより発症することもあります。

2.カタル性口内炎 

口腔内の粘膜が赤く炎症を起こし、白くただれたりします。
赤く半点状に炎症を起こすので紅斑性口内炎とも呼ばれます。

広範囲に渡って炎症があり、アフタ性口内炎のように
境界がはっきりしません。

痛みはそれほど強くないですが味覚がおかしくなり、味がわかりづらく
なることもあります。

唇・舌・頬の内側の他にも、口の中全体にできることもあります。

辛いもの、酸味の強いもがしみたり、唾液の分泌が増えて
口臭が強くなったりすることもあります。

原因は入れ歯や矯正器具の不具合、熱いものを食べたあとの
火傷からの炎症、歯周病・歯槽膿漏などで口腔内の清潔が
保たれていないこともあります。

3.ウイルス性口内炎

ウイルスが原因でおこる口内炎で、いずれも小児に多く、
ヘルパンギーナや手足口病、単純性ヘルペスウイルスに
よるものがあります。

大人も感染することがありますが、その場合は子供より
症状が重くなることも多い
です。

ヘルパンギーナの代表的な症状としましては、38度以上の高熱、
口腔内の上顎や咽頭部周辺に水泡ができるのが特徴です。

手足口病は口内炎の他に、手足に水泡が出現します。
発熱することもありますが、微熱のことが多いです。
いずれも感染経路は飛沫感染、経口感染になります。

ヘルペスは発熱や倦怠感を伴うもので、38度以上の高熱が
2~3日続き、数日後に口内炎が出現します。

生後6ヶ月~3歳くらいの子供がかかりやすいですが、
まれに大人にも発症します。
口の中が腫れたり、水ぶくれのような口内炎がいくつも出現します。

感染経路は、ヘルペスウイルスを持つ家族からなどの接触感染です。
タオルや食器の共有からも感染します。

4.アレルギー性口内炎

アレルギー反応によっておこる口内炎です。

虫歯の被せものや、義歯による金属アレルギーや特定の食品などが
主な発生源
となっています。

口内の広い範囲におこる炎症でただれ、アフタ性口内炎っぽくなったり
水ぶくれになったりします。

5.カンジダ性口内炎

頬の内側や口蓋、舌などに、白い苔のようなものが点状、地図状に
広がるのが特徴です。

食事時に痛みがあり、白い苔がはがれると赤く炎症を起こし、
出血しやすいです。

原因となるカンジダ菌は、口腔内に常在しているカビの一種です。

抗生物質やステロイドを長期に使用することで、口腔内の
常在菌のバランスが崩れたり、抵抗力の弱い高齢者、子供、妊婦や、
糖尿病患者、血液疾患者など、基礎疾患のある人が発症しやすいです。

 

口内炎の苦痛を取り除くためにできること!対処法9つとは?

ほとんどの口内炎は、1~2週間様子を見れば自然に治ります。

ただ、痛みが強かったり同じところをまた噛んでしまい悪化したり
することもあります。
そのような痛みには軟膏やパッチ、スプレーなどが効果的です。

また、早く口内炎を治すための一番の対処方法は、口内炎の原因を
見つけそれを取り除くこと
です。

以下、口内炎の原因とその対処法9つを挙げてみます。

1.口腔内の粘膜が弱っている、噛んだ傷からの細菌感染

規則正しい歯磨き、洗口剤の使用で口腔内の状態を清潔にします。

歯磨きをするときに強くゴシゴシ磨いていると歯肉に傷がつき、
それがたくさんの口内炎となったりしますので注意が必要です。

たくさんの口内炎ができると、お湯を飲んでいるのに塩水を
飲んでいるような錯覚がおきるくらい、しょっぱい味がします。

このような症状の場合はデントヘルスという歯槽膿漏薬を
塗ると1週間~2週間くらいで治ります。

2.体調不良・ストレスによる免疫低下

体調が弱ってきても口内炎ができますので、質の良い睡眠や
身体の調子を整えたり、ストレスを解消するようにしましょう。

3.ビタミン不足など食生活の問題

 
規則正しくバランスのとれた食事を心がけ、足りないビタミンや
ミネラルを、サプリメントなどで補ってみましょう。

ビタミンB2やB6を意識して取り入れてみると良いです。

4.入れ歯が合わない・矯正器具の不具合

歯科にて調整を行います。矯正の場合は器具が当たらないよう
ワックスで保護したり対処しましょう。

5.歯周病・虫歯などが原因

歯科にて治療を行うことが必要です。

6.ヘルペスなどウイルスによるもの 

内科などを受診し、抗ウイルス薬の軟膏や内服薬を処方して
もらいましょう。

7.アレルギー

金属アレルギーなど、アレルギーの原因を除去するようにしましょう。

8.カンジダによるもの

内科などで抗真菌剤を処方してもらいましょう。カンジダは身体の抵抗力が
低下しているとなりやすいので、抗生物質やステロイドを使用している場合は
薬を中止したり、身体の調子を整えて、抵抗力を回復させることが必要となります。

9.おばあちゃんの知恵袋的な治し方

・塩水で1日数回うがい or 口内炎に塩を塗る
しみて痛みも出ますが、塩はミネラルが豊富で殺菌作用あるので効果があります。
使用するのは天然塩がおすすめです。

・はちみつを塗る
こちらもしみますが、傷をカバーし、はちみつの殺菌消炎作用で
治りが良くなります。

口内炎によく効くツボ4つ!

1.口瘡点(こうそうてん)

手のひら側の中指の付け根の、横じわの中央にあるツボです。

時間がある時に押したりもみ続けていると、口内炎の痛みや
炎症が徐々に治まってきます。

2.地瘡(ちそう)

唇の両端からそれぞれ1cmのところにあり、口の粘膜を
丈夫にするツボ
です。
人差し指の腹で気持ちいい程度に押すと良いです。

3.然谷(ねんこく)

内くるぶしからつま先側へ2~3cm斜め下の骨の、くぼんだ部分に
あります。
リンパの流れを良くして、口内炎を改善するツボです。

4.合谷(ごうこく)

手の甲側で親指と人差し指の付け根の間で、骨と骨が合わさる
ところのくぼみにあります。
あらゆる痛みや炎症に効果がある万能ツボです。

もう片方の手の親指と人差し指で挟むようにして、少し痛さを
感じるくらい押すとよいでしょう。

 
口内炎ができると、食事がしみたり舌が当たるだけで痛かったりと、
小さな傷でも痛みの苦痛があるものです。

多くの場合は自然に治りますが少しでも早く痛みがなくなり、
口内炎の苦痛からさよならするために、試してみてはいかがでしょうか?