口周りにポツっと出来たニキビはなかなか治らないし、
何度も出来たりするのが非常に厄介です。
 
非常に目立ちますし「口周りのニキビは何で出来るの?」
「口周りのニキビを予防する方法はないの?」と
このような疑問を持っている人は多いのではないでしょうか?
 
そこで今回は厄介な口周りのニキビが出来る原因と予防法についてご紹介したいと思います。

口周りにニキビが出来る原因

口周りにニキビが出来る原因は「外的原因」「内的原因」の2つに分ける事が出来ます。

~口周りにニキビが出来る外的原因~

①古い角質が蓄積している

個人差がありますが、肌は大体28日周期で生まれ変わっています。

この肌の生まれ変わりが乱れると、剥がれ落ちるはずだった
古い角質が肌の表面にどんどん蓄積されてしまいます。

蓄積された古い角質は毛穴を塞いでしまい、口周りにニキビが出来る原因になります。

②肌の乾燥

顔は外気に常に触れているので、とっても乾燥しやすい部分です。
肌は乾燥すると柔軟性を失って硬くなり、毛穴が詰まりやすくなります。
口周りは意外とケアを忘れてしまう乾燥しやすい部分です。

肌の乾燥は毛穴が詰まりやすくなり、口周りニキビが出来る原因になります。

③外部からの刺激

食事をしたり…
マスクを付けたり…
男性なら髭剃りをしたり…

口周りは外部からの刺激をとっても受けやすい部分です。

これら外部からの刺激は、口周りにニキビが出来る原因になります。

~口周りにニキビが出来る内的原因~

①ホルモンバランスの乱れ

口周りのニキビに限らず、ホルモンバランスの乱れはニキビと深い関係があります。

ストレス.睡眠不足.月経周期による変動などでホルモンバランスが乱れると、
皮脂の分泌を活発にするプロゲステロンの働きが強くなってしまいす。
皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まりやすくなり、口周りにニキビが出来る原因になります。

②胃腸の不調

ニキビは出来る場所によって、身体の不調を教えてくれる事があります。
便秘や消化不良など胃腸の不調があると肌の新陳代謝が低下したり老廃物が体内に蓄積されたりします。
肌の新陳代謝が低下すると古い角質が肌の表面に蓄積して毛穴を塞いでしまいます。

老廃物が体内に蓄積されると、毒素が汗や皮脂と一緒に出てきてしまい炎症を起こしやすくなります。
胃腸の不調は、口周りにニキビが出来る原因になります。

口周りのニキビ予防法

口周りのニキビを予防するには、「正しいスキンケア」「生活習慣の見直し」がとっても大切になります。

それぞれ、以下の事に注意してみてください。

~正しいスキンケア~

・たっぷりの泡で優しく洗う
・ゴシゴシ洗わない
・洗い残しがないようにする
・必要以上に肌を触らない
・保湿をしっかりする

~生活習慣の見直し~

・栄養バランスを考えた食生活にする
・睡眠時間をしっかり取る
・肌に触れるモノを清潔に保つ
・マスクや髭剃りなどの刺激を控えめにする

まとめ

口周りにニキビが出来る原因や予防法…いかがでしたか?
ニキビは身体のどこかに不調がある事を教えてくれる、SOSのサインです。
口周りのニキビは、胃腸の不調を教えてくれています。

正しいスキンケア.生活習慣の見直しで口周りのニキビは改善や予防する事が出来ます。
口周りのニキビを作らないように、胃腸に優しい生活をしましょう!