今回は茨城県の古河(こが)花火大会についてです。
 
地元の人でない人は”古河”を”フルカワ”なんて読んでしまいがちですが、
”コガ”ですので、読み間違いのないようにしたいところですね。
 
古河花火大会の花火の本数は2万5千発と、とてもビッグな
花火大会として知られています。

そんな魅力のある古河花火大会2016年の日程についてご紹介していきます。
さらに来場者数はどのくらい?といった疑問点や
混雑するの?といった疑問にもお答えしていきたい
と思います。

古河花火大会2016年の日程は?来場者数はどのくらい?混雑するの?

古河花火大会はこの数年、8月の第1土曜日に実施されています。

特に大きな変更点が無ければ
古河花火大会2016年の日程は2016年8月6日土曜日に開催されることになります。

悪天候によって当日が中止の場合は翌日に順延となります。

<会場>
茨城県古河市 古河ゴルフリンクス

<問い合わせ先>
古河市役所観光物産課内 古河花火大会実行委員会
電話:0280-92-3111

<時間>
例年通りの流れなら
午後7時20分~午後8時50分の予定です。

小雨程度では花火大会は開かれますが、
強風時など大きく荒れた時には中止になります。
現地の天気にも心配りをしておき雨対策をしておくと良いでしょう。

来場者数は50万人の人出を数えかなりの大混雑も予想されます。

当日はかなり混みますので、
それだけで熱気がこもることも有ります。

ですので暑さ対策もしておくと良いでしょう。

特に保冷剤を事前に沢山用意しておくと
熱中症対策として飲食物を冷やせるのでおすすめです。

古河花火大会の見どころは?

茨城県は日本三大花火大会の一つである
土浦全国花火競技大会が開催される県だけに、
それ以外の大会でも力が入っています。

古河花火大会も打ち上げ本数が2万5千発と
当然力を入れている花火大会と言っても良い
と思います。

人の出足も、土浦に次ぐレベルとなっていますから、
大混雑はかなり覚悟しないといけませんが、

花火が充実していますので頑張って足を運んでいった甲斐があると
きっと思うことでしょう。

古河花火大会の目玉の一つが「三尺玉」でしょう。

土地の条件次第では尺玉も上げるのが難しい場所が多いですから、
三尺玉が見られるだけですごい贅沢だと思います。

しかも3発も打ち上げられますので、
この瞬間は瞬きしないでじーっとみていましょう(笑)。

三尺玉の大きさが90センチ近く有るだけでも大変なものですが、
280kgの火薬が上空600メートルでほぼ同等の600メートル程の大輪を咲かせます。

因みに通常の尺玉は約30センチで三尺玉の3分の1ですが、
重さは8.5kgですので、いかに三尺玉が重いのかがわかります。

それだけ凄いものが古河花火大会では打ち上げられるとあり、
人出にも繋がっています。

フィナーレのワイドスターマインも
千輪の花園と称されるだけに力の入れ方も伺われます。

その呼び名の通りスターマインの豪華版なので
カラフルな花火がいっぺんに開く様子は壮観でしょう。

花火の玉数はこのスターマインでも数百発レベルになることもありますので
ワイドスターマインでは千発レベルに相当すると考えられます。

花火師からの人気も高く全国で5位に入るなど玄人好みの大会でもあるんですね。

打ち上げ数も全国規模の大型大会とまったく変わらないレベルですので
是非とも足を運んでみたい大会です。

古河市の名物には何が有るの?

花火大会の他に古河市には素敵な特産品が有ります。
ふるさと納税をすると常陸牛などの特産品も貰えるので
こちらを試してみるのも良いかもしれません。

ほかにも空に咲く花も良いのですが、地上に咲いているバラもいかがでしょうか。

年間を通して栽培されているバラは11月22日の良い夫婦の日の
プレゼントとしても人気が高いものです。

さらにおみやげ品にはフナの甘露煮などいかがでしょうか。

地酒、こがし茶、猿島(きしま)茶の飲み物も美味しそうです。

100年以上の歴史を持つ品種のかぼちゃの栽培など野菜も美味しい地域です。

花火大会と一緒に地元の特産品も楽しむようにしてみるのも悪くないですよね。