土踏まずとは、ヒトの足裏にあるアーチ状になった部分です。
よく見てみると足の裏ってへっこんでいますよね。
その部分が土踏まずです。
 
この土踏まずは臓器とつながっているので
痛みが出るのはいくつかの病気が考えられます。
 
そこで、今回は土踏まずが痛いときの原因と対処法について
ご紹介していきます。

 

土踏まずが痛いときの原因となる病気5つとは?

土踏まずが痛いときには、以下の5つの病気の疑いが考えられます。

1.足底筋膜炎

 
足底筋膜とは、足の指の付け根からかかとまで、足の裏に
膜のようにはっている腱組織で、足底腱膜とも言います。

そこの筋肉が弱まったり硬くなることで炎症を起こし、痛みが出てきます。

<症状>
・足の裏がよくつるような感じがする
・起床時の始めの一歩を踏み出すときが痛い
・長時間座って、立ち上がるときが痛い
・長時間立っていると痛くなる
・歩いている時にに足裏が地面につくと痛い 

<チェック方法>
・親指を前にそらすと痛い
・親指の付け根、土踏まず、踵の部分の3カ所を押すと痛い

これらの症状があれば、足底筋膜炎の可能性があります。
足底筋膜はやわらく伸び縮みする物ですが、それが硬くなって
炎症を起こした状態が足底筋膜炎です。

<原因>
・長時間の立ち仕事
・姿勢が悪く足裏に負担がかかっている
・運動不足や加齢
・激しいスポーツなど

<対処>

痛みがあるときは無理にストレッチをしたり刺激をせず、
安静にすることが必要です。

蒸しタオルや湯たんぽで温めて、冷えて硬くなった膜を
柔らかくするのが良いでしょう。

痛みが和らいだら入浴して血行を良くし、足の付け根の
ストレッチを始めてみましょう。

また、足底筋膜炎は一度なると繰り返すことも多いようなので、
痛みが減っても足のケアを続けるようにしましょう。

2.足底線維腫

土踏まずにある足底筋膜を中心に発生する良性の腫瘍です。
土踏まずを触って硬いしこりがあったり、痛みがある場合は
早めに受診した方が良いでしょう

3.モートン病

足裏の指の付け根部分も痛みが起こることが多いですが、土踏まずが
痛むこともあるようです。

ハイヒールなど足先の細い靴や、サイズの合っていない靴を履くことで
足指の神経が圧迫されて、痛みやしびれが起きます。

<対処>
・自分の足にあった適切な靴を履く
・足底板を用いた治療
・痛みが強いときは局所麻酔や鎮痛剤の使用
・効果がない、悪化しているときは手術適応することもある

痛みがひどくなるまで放っておいたり、慢性化させると回復も遅くなるので、
早めに受診するのが良いでしょう。

4.糖尿病

合併症で神経障害が起きると、足の裏に違和感や痛みが出ることが
ある
ようです。

土踏まずにも痛みが出ることもあるようなので、糖尿病治療をしていて、
足の違和感がある場合は早めの受診をした方が良いでしょう。

5.痛風

痛風発作と言えば足の親指の痛みが一般的に知られていますが、
土踏まずや足の裏のどこにでも起こる可能性があります。

血液検査で尿酸値が高めのようなら痛風発作の疑いも考えられます。