足の親指の付け根が飛び出していて、歩く時に靴に当たって赤くなっていたり
痛みを感じた事はありませんか?
 
それはもしかしたら「外反母趾(がいはんぼし)」かもしれません。
この病名は聞いた事がある人は多くても、具体的にどんな感じなのか
想像がつく人は限られてくるかと思います。
 
そこで今回は、外反母趾になる原因や症状、対策法をお話したいと思います。

外反母趾とは?

外反母趾とは、足の親指が内側に向かってグニャっと変形してしまう病気の事を言います。

足の親指が内側に反って変形する症状なのに外に反ると書いて
「外反」というネーミングはなんだか変に思いませんか?

じつは整形外科の世界では、足の親指側は「内側」で
足の小指側は「外側」と呼ぶように決められています。

つまり外反母趾は「足の内側にある親指が外側に変形してしまう病気」なので、
見た目は内側に変形しているように見えるけど「外反」という言葉が使われています。

外反母趾の症状は?

外反母趾になると以下のような症状が出てきます。

・歩く時に靴に当たって痛みを感じる
・足の親指の付け根が赤くなる
・身体のバランスが崩れてしまう
・足の見た目が悪くなる
・変形した親指の爪が、他の指に当たりマメなどが出来てしまう

外反母趾の原因は?

外反母趾になる一番の原因は「サイズの合わない靴つまり、つま先を圧迫する靴を履く事」です。

わたし達は立っている時、左右の足でバランスを取りながら全体重を支えています。

サイズの合わない靴やつま先が圧迫される靴を履いていると、
つま先部分に体重が偏りやすくやり左右の足のバランスが崩れてしまいます。

体重が偏ったつま先部分には強い圧力がかかり、
足の親指が小指側に押されてしまい外反母趾になってしまいます。

外反母趾の対策

外反母趾を予防するには「足のサイズにあった靴.つま先を圧迫しない靴を選ぶ事」です。

靴屋さんでいいなと思った靴を見つけた時、

残された靴のサイズが多少、自分の足より大きかったり.小さかったりしても
我慢が出来るから…とサイズが合っていない靴を買ってしまう事ってありますよね。

そのちょっとした我慢が、外反母趾になる原因です。

靴は外出時には欠かせないアイテムで、履かない日はほとんどないですよね。
ですので、足に対する影響は相当なものがあります。

こういったことを考えてみても必ずサイズの合った靴を選ぶようにしていきたいところです。

また、女性の場合はハイヒールやブーツなどつま先が圧迫される靴を履く人が多いかと思います。
ハイヒールやブーツは見た目はオシャレですが、足には大きなダメージを与えています。
なるべく履かないようにしましょう。

まとめ

外反母趾の原因や症状、対策はいかがでしたか?

足はわたし達の全体重を支えている大切な場所です。

外反母趾で足が変形してしまうと、身体全体のバランスが崩れてしまい
足とは無関係と思われがちな腰痛などになる事があります。

足を守る事は、わたし達の身体を守る事に繋がります。
ぜひ足を大切にしていきたいところですね!