歯ぎしりと言えば、”睡眠中にギリギリ音がしてうるさい”
 
というイメージですが、
実はギリギリ音がするだけではなく、
歯ぎしりには大きく分けて3タイプあります。

 
さらにどうして歯ぎしりをするのか、原因について調べてみました。

 

歯ぎしりの3タイプの種類とは?

歯ぎしりのタイプには以下の3つがあります。

1.グランディング
歯ぎしりと聞いて多くの人が思いつくのがこれに当たります。
上下の歯を食いしばって、歯をこすり合わせながら左右に
動かし、ギリギリやキリキリと音がします。

2.クレンチング
奥歯を噛み締めるタイプの歯ぎしりで、音はほとんど立たないので
気付かれることは少ない
ですが、起きた時に口の周囲がこわばって
いたり、歯の痛みがあったりします。

3.タッピング
上下の歯を噛み合わせてカチカチと音が出るタイプで、3タイプの中では
一番発生率は低い
です。
 
上記のように歯ぎしりには大きく分けて3種類ありますが、
これらの歯ぎしりをすることで出てくる二次障害もあります。 

・歯が削れる、割れる、しみる
強い力がかかった状態が長時間続くと、歯に負担りがかかり
根元まで傷ついてしまうこともあります。

・顎関節症
歯ぎしりのせいで、顎に負担がかかるためです。

・歯茎がやせる
歯を支えている骨に負担がかかるために、歯茎がやせてしまいます。

・肩こり、偏頭痛
歯ぎしりによって首や肩、後頭部の筋肉に負担がかかり、
肩が凝りやすくなったり、偏頭痛も起こりやすくなります。

歯ぎしりの原因4つとは?

では、歯ぎしりはどうして起こるのでしょうか?
主な原因について調べてみました。

1.ストレス
日常生活の様々なストレスから歯ぎしりが起こることもあります。
責任感の強い人、負けず嫌いの人、心配性の人などに多いです。

2.歯の噛み合わせが悪い場合

3.病気によるもの 
(1)睡眠時無呼吸症候群(SAS)
睡眠時無呼吸症候群は、眠っている時に呼吸が止まり、睡眠が
浅くなるとされています。歯ぎしりは眠りの浅い時に起こるので、
関連があるとされています。

(2)逆流性食道炎 
暴飲暴食や不規則な食事などで胃酸が食道へ逆流して、胸焼けを
起こす病気です。

歯ぎしりをすることで唾液の分泌を促し、胃酸から食道を守る
働きをしている
こともあります。

4.生活習慣によるもの
飲酒、喫煙、カフェインのとり過ぎなど、どれも眠りが浅くなるため
これらが原因となる可能性もあります。

 

子供の歯ぎしりは大人の歯ぎしりとどう違う?

歯が生え始めた頃から歯ぎしりをする子供がよく見られます。

これは、歯が生えそろう過程で歯並びを整えたり、噛み合わせを
調整したりするための生理現象
と考えられています。

また、歯ぎしりをすることで顎や筋肉の発達を促す効果も
あると言われています。

ただ、環境の変化など何かストレスを抱えて、歯ぎしりを
する場合もある
ようなので、子供の変化を見逃さないことも
大切ではないでしょうか。

 

歯ぎしりの治療・対策7つをチェック

歯ぎしりの治療や対策法には、以下の7つがあります。

1.マウスピース(ナイトガード)を使用する

歯への負担を減らすことで歯が削れたり割れるのを防ぐことができます。
マウスピースは顎関節症の治療にも使われています。

マウスピースは市販品もありますが、歯科で型を取って作成した方が
しっかりとフィットし、より歯の保護になるでしょう。 

2.歯の治療

噛み合わせや歯並びが悪いことが原因の場合は、それを治療することで
歯ぎしりもしなくなるかもしれません。

3.ストレスによるもの

ストレスは歯ぎしりの大きな原因と考えられているため、ストレスを
緩和することも大切です。

心配事を解決したり、ストレス解消の方法を見つけることで、
歯ぎしりがなくなるかもしれません。

また、リラックスした状態で眠れるように、ぬるめのお風呂に
ゆっくり浸かったり、暖かい飲み物を飲んだり、眠る前の習慣を
見直すことも良いのではないでしょうか。

眠る前に顎や口のまわりを温めたタオルでマッサージすることで、
口のまわりの緊張をほぐしてみるのもおすすめです。

また、寝る直前のスマホやパソコンは脳や身体を緊張させ、
逆効果になるので注意が必要
です。

4.生活習慣の見直し 

お酒の飲み過ぎ、喫煙、遅い時間のカフェインの摂取などは、
良質の睡眠を妨げることになります。

これらは逆流性食道炎の原因にもなるので、改善した方が良いでしょう。

5.漢方薬

抑肝散という漢方は脳をリラックスさせる効果があるということで、
歯ぎしりの治療に用いられることもあります。

6.歯ぎしりに効くツボ

(1)四白・・・眉毛の中心から上に約3cm上がった部分。左右2カ所あるので
      同時に刺激すると良いです。

(2)陽白・・・目の中央部から下に下がり、頬骨の上の凹んでいる部分。
      (ちょうど、四白と対称のあたりです。)こちらも左右2カ所あります。
 
(3)心包区・・・足裏土踏まずの中央。

(4)労休・・・手のひらの中央の部分。

※(3)、(4)は歯ぎしりに効くツボではありませんが、緊張がほぐれ
リラックス効果があります。

7.病気によるもの

睡眠時無呼吸症候群や、逆流性食道炎がある場合は、
そちらの治療をすることが優先
です。
病院を受診することを検討しましょう。

 
このように、歯ぎしりの原因がはっきり分かっているものは
その治療を最優先にしましょう。

一方、ストレスや生活習慣など漠然とした原因が考えられる場合は、
マウスピースなどで歯を保護しながら、原因と思われる物に対して
1つ1つ試していくしかなさそうです。

まずはできるところから試してみるのが良いのではないでしょうか。