小さな子供が指しゃぶりしながら爪を噛む仕草はよく見かけますし
 
誰もが1度は経験しているかと思います。
でも大人になってからも爪を噛む癖がずっと続いていたり、
周りに爪を噛んでいる人を見るとちょっぴり心配になりませんか?
 
今回は、大人の爪噛みの原因や爪噛みを治す方法をお話したいと思います。

爪噛みとは?

爪噛みとは、まさに字の通り「爪を噛んでしまう状態」の事を言います。

~爪噛みは良くない?~

「ただ爪を噛むだけなら、そんな心配しなくてもいいんじゃないの?」
って思っている皆さん…
それは大きな間違いです!

実は爪噛みは以下のような様々な悪影響を与えてしまうんです。

・爪の形が変形する
・歯並びを悪くする
・雑菌が侵入しやすくなる

大人の爪噛みの原因

大人になってから出てくる爪噛みの1番の原因は、「ストレス」が考えられます。

ストレスを感じると、わたし達の身体は何らかの方法で
そのストレスを撃退しようとあれこれ試行錯誤をします。

あれこれ試行錯誤をしてストレスを撃退しようとして
無意識に出てくる症状の1つに、爪噛みがあります。

爪噛みを治す方法

大人になってからの爪噛みを治す方法には
「ストレスを溜めないようにする事」が1番効果的な方法です。

ストレスを完全になくす事は残念ながら難しく、
誰でも多少なりともストレスを感じてしまうのは仕方のない事です。

でもストレスを感じたとしても、
感じたストレスを溜め込まないようにする事は可能です。
ストレス発散の方法は人それぞれです。

自分にピッタリ合ったストレス発散を見つけて、
ストレスを溜め込まないようにしましょう。

爪噛みの癖が長期間続いていて、ストレスをあまり感じていなくても
気付けば爪をつい噛んでしまう…

なんて場合は「爪を噛めないように工夫をする」というのもオススメです。

例えば爪を噛む代わりにガムを噛んだり、マスクを付けて爪を噛めない状態を作ってみましょう。

まとめ

大人の爪噛みの原因.爪噛みの治し方…いかがでしたか?

ちなみに、わたしの旦那も爪噛みをする癖があります。

誰にでも愛想の良い旦那ですが、きっとストレスいっぱい感じているんだろうな…
と思ってしまいました。

嫁として旦那のストレスを少しでも軽くしてあげて、
爪噛みの癖を治してあげようと上記の方法を実践してもらったら
なんとか克服することができました。

皆さんの周りにも爪噛みをする癖がある人がいたら、
その人は口には出さないだけでストレスをいっぱい感じているかもしれませんよ?

爪噛みは、無意識に出す心のSOS。
見逃したり放置しないようにしましょう。