大曲の花火大会2016は、茨城県土浦市の土浦全国花火競技大会と、
新潟県長岡市の長岡まつり大花火大会と並ぶ日本三大花火のうちの一つ
です。
 
正式には全国花火競技大会となっており、
名前の通り全国から名のある花火師が集まって
 
音楽に合わせて打ち上げる創造花火と
技術を競う単体の割玉花火を披露して競争します。

打上数は1万8千発ほどと決して数は多くありませんが、
出場人数と創造花火の打ち上げの時間が限られているからで、
打ち上げの密度に関してはかなり濃いものと思われます。

1910年(明治43年)に始まり、開催回数も90回を数えますので
歴史的にも長く毎年80万人近くの人が押し寄せる花火大会です。

大曲の花火大会2016の日程と打ち上げ時間!中止になるときはどんなとき?

大曲の花火大会2016の日程は
毎年8月最終土曜日に開催されるという過去のパターンから
2016年は8月27日となっています。

小雨でも打ち上げますので雨具の備えはお忘れのないようにしてください。

大曲の花火大会2016の打ち上げ時間は
昼の花火は午後5時30分から午後6時15分まで
夜の花火は午後6時50分から午後9時30分まで

となっています。

時期が良ければ夏休み中の最後に当たりますが、
お住まいの地域によっては今年は子供たちの夏休みが
終わっている日程になってしまいます。

少し残念ですが、特定の日付ではないので仕方がありません。

大曲の花火大会2016が中止になるときは
川沿いなので、大雨は勿論のこと強風でも中止になります。

延期の日程は協議で定められるので、その時にならないと分かりません。

大曲の花火の歴史!どうして全国花火競技大会になったのか?

大曲の花火という名前で知られていますが、全国花火競技大会とも
呼ばれているこの大会。どうして全国花火競技大会という名称で
呼ばれるようになったのでしょうか。

歴史を少しだけ振り返って行きたいと思います。

じつは元来、大曲の花火大会は、全国大会ですらなかったそうです。

元々は東北の花火師を対象にした花火大会だったはずが、
1910年当時では特別に賞金が高かった為に
全国の花火師が参加するようになったのがきっかけ
です。

全国花火競技大会という名前になったのは、
第一次世界大戦で景気に乗っていた1915年(大正4年)のこと
です。

人の争いごとで景気を付けてというのは良いこととは思えませんが、
戦争の時代でも消えることが無かった花火大会の火は
当時の人々にとって花火は最高のイベントであったといえるでしょう。

近年ではドイツやハンガリー、韓国でも花火を打ち上げており、
海外で日本の花火を知ってもらうことにも貢献しています。

大曲の花火大会2016の注意点!

大曲の花火大会2016に行かれる前に注意点を知っておきましょう。

まず開催予定がずれたという出来事は近年では殆ど無いのですが、
観光客の人数は80万人とかなり大変な人数が押し寄せます。

早い人になると数日前から大曲市に滞在する人も居るほどなので
現地に出かける時は相当な覚悟が必要になります。

会場の周りには当日だと車では近づけないので、
歩いて移動することを考えたほうがいい
でしょう。

緊急車両の邪魔になったりしてもいけませんし、
車だけを置いていくということも無理なのです。

大混雑になることは毎年の傾向から間違いがないので、
人混みに弱い人は正直この花火大会はおすすめするのが難しいです。

トイレも万が一混みすぎて使うところがない事態を防ぐため
ポータブルトイレなどの準備もして来た方が良いでしょう。

歩きで移動するのも大変ですが、車での渋滞に巻き込まれる方が
身動きが全く取れないので公共の交通機関での移動をおすすめします。

いくつか会場から離れた場所から花火が見える施設もありますが、
そちらも当日は人が沢山入っていることが予想されますので、
あまり気が休まらないかもしれません。

当日は会場で花火を見るのか、それとも離れて花火が見える場所にするのかということも
予め検討してから大曲市に入ったほうが良いかと思います。