夏も熱い大阪ですが、冬も勿論ホットなイベントがあります。
府内でもトップクラスの人気を誇るイルミネーションイベントです!
 
今回は天王寺公園のイルミネーションの期間や時間さらに
天王寺とはそもそもどういった歴史があるのかについて
概要をチェックしていきたいと思います。
 

天王寺イルミネーションの開催期間と時間!

正式なイベントの名前は
あべの・天王寺イルミナージュ
です。

正式な期間はまだ発表されていませんが
例年の傾向から2016年11月初旬から2017年1月末までの可能性が高いです。

当記事をお読みいただいた読者さんが事務局にお問合せしたところ、
今年は工事のため、天王寺では中止になったそうです。神戸では開催されるとのことでした。
読者さんご教示いただきありがとうございました。

詳細な情報は06-6452-6452までご確認ください。

<点灯時間>

点灯時間は午後5時30分~午後9時30分まで

入場時間は午後5時より午後10時まで。
雨天でも開催されます。

天王寺ってどういう場所?

既に100年の歴史を持っている天王寺公園。
そもそも、どういう経緯で設立されたのかといいますと
1903年に第5回内国勧業博覧会というものが開催されたことがきっかけです。

その催しの第一会場がこの天王寺だったようです。

このは勧業博覧会は、主に明治時代の国内の産業を発展させる目的で開かれました。

海外の技術品に触れ、輸出品目の品質を上げようという目的が有ったようです。

当時にはまだ外国人と商売をすることが出来なかったり、
万国博覧会を開催するだけの力が無かったなど
現代と異なる事情も有った為に日本国内に向けたものという名前になっています。

この内国勧業博覧会は5回開催され、
天王寺での開催は最後の開催となっています。

天王寺公園として開園されたのは1909年のことで、
博覧会の会場跡地の東側を整備した区画です。

西側には通天閣などの新世界となっています。

この年に大阪市電の公園前の停留所も開業。
当時から様々な施設が設置、運営されていた事が分かります。

天王寺イルミナージュ開催において
説明される2015-2016年度の101年というのは、
1915年に開園した天王寺動物園を指し示してのものとなります。

天王寺動物園は、東京の上野動物園、京都の京都市動物園
(岡崎動物園)に続く日本国内3番目の動物園です。

光の世界で再現された動物園!

動物園の話題を取り上げましたが、
天王寺イルミナージュの目玉となっているイルミネーションが
動物園の動物たちを電飾で再現した「イルミネーションZOO」です!

動物園で生活しているのは約200種類、900匹にのぼります。

電飾でありながらも動き出しそうな
動物たちのリアルさには驚かされます。

水面にくちばしをつけるフラミンゴなど
動物の動きの一コマがよく分かります。

他に他のイルミネーションがヨーロッパのモチーフが多い中で、
昨年度は和の題材のモチーフが扱われました。

折り鶴や、提灯がビッシリと並ぶ通りも壮観だと思います。

昨年度は大阪の陣、真田幸村と真田十勇士も
一昨年度に好評を集めたことから展示がされました。

大阪夏の陣から400周年という企画だったようですが
今年2016年のドラマは真田丸ですから
今年の冬の電飾にももしかするとお目見えしてくれるかもしれませんね。

発表されないスケジュールにサプライズが?

当日までは詳しいスケジュールが公表されないこともあり、
当日までは何が起きるのかは分からないというのも、
このイベントの気になるところ。

入り口が例年同じ場所に設けられるとも限らない様子で、
ここが入り口だったよね、と思って行くとあれっ?
ということもあるようです。

そちらには注意ですね。

このところの日程がヴェールに包まれた天王寺イルミナージュ、
関西のイルミネーションに行ってみたい方は
最新の情報を手に入れて足を運んでみてくださいね!

天王寺イルミナージュは入場に料金が必要になっていますので、
そちらも確認して出掛けましょう。