最近、子供の視力低下が深刻な問題となっています。
 
子供の視力問題の中でも、特に多いのが「近視」です。
 
実際私が眼科クリニックで働いていた頃、学校の視力検査で
「近視」の指摘をされて、心配されている親御さんが
たくさんいました。
 
今回は、最近増えている子供の近視の原因や治す方法や予防法をご紹介します。

 

子供の近視とは?

そもそも近視とは近くだけが見えて
遠くのものが見えにくくなってしまうことをいいます。

ですが、いつも見えないというわけではありません。

私が眼科クリニックで視力の再検査を担当したお子さんに、
学校の視力検査では近視を指摘されたのに、クリニックの
視力検査では異常が見当たらなかった事がありました。

実は子供の視力は非常に不安定で、日によって見え方に
かなりの変動があります。

子供の目はまだ成長途中なので、目の発達が不十分です。

よく見える日も有れば、見えにくい日もあるのは、子供に
とっては不思議な事ではありません。

日によって見え方が変わる近視は「仮性近視」と言います。

私が担当したお子さんも、診断結果は仮性近視でした。

子供の近視のほとんどは仮性近視という状態です。

仮性近視の場合、すぐにメガネやコンタクトを用意する
必要はありません。

仮性近視で視力の変動が激しい子供の目にとって、メガネや
コンタクトはかえって視力を低下させてしまう事があるからです。

 

子供の近視の原因は?

近視の原因は以下のとおりです。

・眼の筋力の低下
・眼の筋肉の緊張
・近くばかり見ていることによるピントのズレ

外出先で子供を見かけると、スマホをいじっていたり
ゲームしてる姿をよく見ませんか?

スマホやゲームは小さい画面を近くでずっと見つめる状態なので、
ピントが少しずつ近くのものばかり見れるようになってしまいます。

よく昔からテレビを間近で見てはダメだと親に言われた経験がある
世代では、近くで見なかったので近視になりにくいといわれてきました。

ですが、最近では勉強などで書物に顔を近づける時間が長いだけでなく
スマホやタブレットなどの普及により余計に近くばかりみるように
なってしまいました。

そのため、近くばかり見ていることによるピントのズレも生じるように
なりますし、さらに遠くのほうをみるための筋肉が使われてないため
余計に遠くが見れなくなってしまうのです。

アフリカの人たちは視力が5.0~7.0など平気でゴロゴロしています。

つまり生まれつきの環境が見晴らしの良い草原であるため

獲物を獲るために遠くのものばかりみてきたので
遠くのほうをみるための筋力が発達し
そのように遠くが見るようにピントがセッティングされてきたんでしょう。

このように日常生活の行動が視力を決めているといっても
過言ではありません。

ですので、いつも近くのものばかり見ていると
自然と近くばかり見えるようになってしまうんですね。

 

子供の近視を治す方法は?

近視は子供のうちなら治せますが、
大人になるうちに治らなくなると言われています。

だいたい10歳くらいまでならなんとかなるといわれています。

ただ、10歳という年齢を過ぎていても視力は回復する可能性はあります。

できるならレーシック手術をしないで
治したいところですよね。

そこで、とにかく遠くのものも見るようにしましょう。
定期的に山や広場などへ行って遠くを眺めるようにします。

1週間に一回は遠くへ眺めるようにして
スマホやテレビなどを近くで見させるのはやめましょう。

できるかぎり姿勢をよくして
なるべく遠めで見させるようにします。

そして長時間の眼の使用は避けましょう。

そうすることで遠くをみるための筋力も回復してくるはずです。

そして、眼の筋力の緊張をほぐす目薬もありますので
目医者さんに処方してもらうとよい
でしょう。

症状が軽ければ目薬だけを3ヶ月くらいつけるだけで治る場合があります。

子供の近視予防法

子供の近視は先ほどもいいましたが、
そのほとんどが仮性近視で、仮性近視は
日常生活の見直しで悪化を防ぎ改善する事が出来ます。

普段から以下の事を意識してみることで予防できるようになります。

・スマホやゲームはなるべく遠くからみるようにして時間を決める
・部屋を明るくする
・本を読む時は30cmくらい目を離す
・近くを見る時間・遠くを見る時間を作る

 

まとめ

子供の近視の原因と治し方と予防法、いかがでしたか?

子供の頃は、メガネをしている同級生が何だかカッコよく
見えませんでしたか?

でも大人になってからよく考えると、メガネをしてるのは
「目が悪いから」です。

メガネがカッコいいのはその見た目だけで、視力の低下は
進めば進むほど日常生活にたくさんの不便を作ります。

子供の目を守れるのは、私たち大人しかいません。

お子さんがメガネをかけずに生活出来るように、
目に優しい暮らしを心がけましょう。