幕張海浜公園で行われる幕張ビーチ花火フェスタ2016の会場周辺についてです。
首都圏の行楽地となると普段から人出も多いですし、常に人が絶えないものです。
 
ガラケーの人も、スマホの人も最新の地図とアプリは
欠かせない
といった感じかもしれません。
 
早速、幕張ビーチ花火フェスタ2016の場所と最寄り駅についてチェックしましょう。

スマートフォンのアプリがある人は、地図アプリを開いてみてくださいね。
それからコンパスアプリもあるとどちらを向いているか分かりやすいですよ。

幕張ビーチ花火フェスタ2016の場所

幕張ビーチ花火フェスタ2016が行われる場所は幕張海浜公園です。
以下が公園の所在地です。

<幕張海浜公園所在地>

〒261-0021 千葉県千葉市美浜区美浜、美浜区ひび野2-116

幕張ビーチ花火フェスタ2016の最寄り駅

幕張ビーチ花火フェスタ2016の最寄り駅は
JR京成線海浜幕張駅と京葉線幕張駅の2つです。

最寄り駅から花火大会会場である幕張海浜公園へのルートを簡単に紹介します。

ナビルートなどによって表示が違う場合も有ると思いますので参考程度にどうぞ。

あと、ルートが異なる海浜幕張駅が2つありますので
先に遠いルートから紹介します。

<JR京成線海浜幕張駅>

JR京成線海浜幕張駅から徒歩で花火大会会場までいく場合

JR京成線海浜幕張駅の南口から下車徒歩で45分程のルートのご紹介です。

まず駅を出て南西に50メートル、屋内通路の階段を降りて歩道を進みます。
敷地内の通路を650メートル進み、左斜めに進みます。

すると合間酒店が見えます。そこが南口です。
横断歩道を渡り、敷地内通路を500メートル進みます。
そして敷地内階段を降りて400メートル進めば幕張海浜公園に着きます。

JR京成線海浜幕張駅から車やタクシーで花火大会会場までいく場合

車やタクシーでは駅から出て北西に約50メートル進みます。
そして右折して県道57号線を進みます。
さらに右側の入江眼科医院を過ぎたら左折し、650メートル進みます。

そして幕張4丁目の交差点を2.3km直進し、
幕張海浜公園交差点を直進すると幕張海浜公園に到着します。

夜20時30分から翌朝8時30分まで一部通行止めがあります。
何事も無ければおよそ15~20分程度の距離です。

<JR京葉線海浜幕張駅>

船橋と蘇我方面からのJR京葉線海浜幕張駅からはすぐに花火大会会場に着けるでしょう。

京葉線海浜幕張駅から徒歩で花火大会会場までいく場合

徒歩でもおよそ20分ですから、同じ名前の駅でも随分距離が違いますね。
改札を出て屋内通路を進み、階段を降りて左折します。
120メートル進んで左折し40メートルほど先をまた左折します。

そして横断歩道を渡ります。
斜め左方向に50メートルほど進み、再び横断歩道を渡ります。

そして道路を180メートル渡り、斜め左方向へ進みます。
横断歩道を渡り、敷地内の道路を500メートル進み、敷地内の道路の階段を降ります。
さらに400メートル進み、前方左側が幕張海浜公園です。

京葉線海浜幕張駅から車やタクシーで花火大会会場までいく場合

車やタクシーではおよそ5分ほどの道のりです。
北西に約80メートル進んで左折します。

40メートルほど先を左折し、海浜幕張駅北口交差点を左折します。
800メートル進み、幕張海浜公園交差点を直進して幕張海浜公園に到着です。
公園付近は交通規制もありますのでご注意下さい。

幕張ビーチ花火フェスタ2016にかかる電車の時間を比べてみる

東京駅から京葉線幕張駅までにかかる所要時間は各駅停車の場合は40分かかります。
また特急さざなみ、特急わかしおのいずれも約23分くらいです。

但し、16時以降は幕張駅では止まらず通過してしまいますので、
電車での移動は早い時間に済ませて周辺で過ごすようにしましょう。

各駅停車と特急の時間差は17分だけの違いなので、どちらを利用してもいいですね。
到着まで電車から降りて以降の行動が大事になりますね。

京葉線の時刻表はこちらです。

どの電車に乗れるかは機関の案内を見るのが一番です。

船橋方面からの電車は最大で400円の範囲で移動が可能です。
詳しくは案内表を見てみましょう。

幕張ビーチ花火フェスタ2016のチケットの値段と購入先は?

幕張ビーチ花火フェスタ2016のチケットの値段と購入先は以下のとおりです。

・ビーチ席A…1人4000円購入先チケットぴあ、ローソンチケット
・ビーチ席C…1人3000円購入先チケットぴあ、ローソンチケット
・リバーサイド席…1人2500円購入先チケットぴあ、ローソンチケット
・シーサイド席…1人1500円購入先チケットぴあ、ローソンチケット
・スタジアム席…1人2000円購入先マリーンズショップにて6月上旬から販売

ビーチ席がやはり花火を見るのに条件が良いようです。

いずれも区画内の自由席なので座ったもの勝ち感も有りますが、
人混みが苦手な人は抜け出しやすいように端を選ぶなどの柔軟性が必要といえます。

スタジアム席はビールを楽しみたい人や、ビジョンで花火を見たい人向けです。

但しスタジアム席からは創造花火と音楽花火、会場花火を見られないので
予めそのつもりで出かけるようにしましょう。

まだ新しい情報では有りませんが、
過去のスタジアム内での花火観覧指定席は前売り6000円、当日6500円。
A席の前売り4000円、当日4500円となっていました。

アーティストを見たり、出来れば戻ってくる場所に困らないようにしたい人は
チケットを手に入れてはいかがでしょうか。

幕張ビーチ花火フェスタは無料観覧席から見えない?

公式サイトにも記載も有るのですが。
場所によっては木々が邪魔になって水上花火を見ることが無料の観覧席からは出来ません。

あくまで有料でないと眺めがいい席が確保できないようになっているのですが、
お金をだしたからといってビップ待遇を受けられるかといえばそうではない
です。

ビーチ席やシーサイド席、さらにリバーサイド席には
椅子は用意してありませんし自分でシートを用意していくことができず、
配布されたシートのみの使用になるのでそこは注意が必要です。

おしゃれをしたりして花火へ出かける方も多いかと思いますが
当日は風が吹くと砂まみれになる可能性もあり
高価な服はあまり着ていかないほうが良いと思います。

また実際に美しい状態で花火を見るにはビーチ席がベターかと思われますが
ただ、蚊が非常に多いので気になって花火を見る気がうせるような気がします。
念のため虫除け用品は用意しておく必要があります。

スタジアム席は有料でもファイアーマウンテンなどを見ることはできないので
臨場感は楽しめないかもしれませんが代わりに大型ビジョンで見るようになっています。

ただ、いろんな有料席のなかではスタジアム席のほうが
一番無難で楽しめると評判はとても良い
ので
狙うならスタジアム席のほうがいいのかなと思います。

豪快な花火だけを目当てにするなら有料のビーチ席を確保が必須のように思います。

ゲストのコントやライブを見に行くのが目的で行かれる方もいらっしゃるかと思いますので
それぞれ楽しむための目的をもって出掛けたいところですね。