前日までは何ともなかったのに、朝起きたら熱を出していたという経験、
皆さん一度はありませんか?
 
そして急な発熱が出た時、皆さんはどう対処していますか?
 
「風邪でもひいたかな?」
と思って市販の薬を飲んで対応するパターンがほとんどではないでしょうか。

しかし実は、急な発熱は風邪ではなく、他の怖い病気かもしれません。
発熱は身体が出しているSOSのサインなのです。

今回は急な発熱の原因について、4つのパターンにわけてまとめてみました。

 

急な発熱の原因4つのケース

風邪以外に考えられる発熱の原因4つのケースを
以下に挙げてみます。

1.呼吸苦、痰がらみ、倦怠感がある場合

38.0℃以上の発熱と、呼吸苦、痰がらみ、倦怠感などの症状がある場合は
以下のような病気が原因の可能性があります。

・インフルエンザ

・RSウイルス

38℃以上の高熱が出た時、まず疑うのはインフルエンザです。

ただしインフルエンザと似たような症状で、RSウイルスという病気も
あります。

RSウイルスは子供がかかりやすい病気ですが、大人でも感染します。
感染して悪化すると、喘息や無呼吸などになる場合がある、怖い病気です。

2.吐き気や下痢がある場合

熱を出しただけでなく、吐き気や下痢など消化器系の症状がある場合は
以下のような病気が原因の可能性があります。

・感染性胃腸炎

・ノロウイルス

・ロタウイルス

どれも消化器系に細菌が感染してしまい起こる病気です。
重症化すると脱水症状も出ることがあります。

子供でこのような発熱が出た場合は、重症化しやすく、入院に
なってしまう事もあるので注意が必要
です。

3.頭痛がある場合

熱を出した時に、頭痛がある場合は以下のような病気が原因の
可能性があります。

・溶連菌感染症

・マイコプラズマ肺炎

一見風邪と似たような症状ですが、症状が少し異なります。

風邪の場合は薬を飲んでしっかり休めば比較的すぐ回復しますが、
これらの病気は感染力が強く症状が長引きます。

4.発熱以外の症状がない場合

発熱だけで、特に他に目立った症状がない場合は、以下のような事が
原因の可能性があります。

・精神的なストレス

・疲労によるもの

特に原因となる病気がなくても発熱する場合があります。

 
急な発熱の原因4つを紹介しましたが、いかがでしたか?
発熱には色々なパターンがある事がわかっていただけたのでは
ないでしょうか。

急な発熱が出た時には、発熱以外で他に症状がないかチェックを
する事がまず大切です。

どのパターンであれ、発熱は身体が出しているSOSのサインです。

「風邪ひいたかな?」と勝手に決めつけてしまうのが一番怖い
というのを忘れないようにしましょう。

一番安心なのは、熱を出したら病院を受診する事です。