東京駅のイルミネーションといえばミチテラスですが
そのほかにも魅力的なスポットがたくさんあります。
 
ともあれ、まずは目的地が東京駅の駅舎そのものなので、
ほぼ迷うことはありませんが
イベント開催の期間中は大変混雑しますので冷静に行動したいところです。
 
で、東京駅を堪能したら、次に見逃せないのが丸の内です。
東京駅のイルミネーションをせっかく見に行ったのなら、
ぜひ丸の内も見に行きたいところ
ですね。

そこで、今回はミチテラスの場所やアクセス方法や
駐車場の情報以外にも丸の内のみどころである
ディズニーのイルミネーション予想などについても
書いていきたいと思います。

東京駅イルミネーションへ行ったなら、やっぱり丸の内でディズニーイルミネーションまで堪能したいところ!

毎年東京ミチテラスが開催されているころには
丸の内でもイルミネーションが開催されているので
寄ったほうが断然お得です。

東京駅周辺のイルミネーションといえば
やっぱり丸の内にたくさん展示されている
ディズニーキャラクターがみどころ
です。

例年、丸の内ではディズニーのマスコットがオブジェとして
飾られることもしばしば。

さらにその年に話題になったディズニー映画関連の
イルミネーションで話題になることです。

2014年~2015年にはアナと雪の女王がテーマとなり、
氷のお城が丸ビル1階に登場して観客を沸かせました。

青から紫さらに白へとグラデーションがかかった
お城はまさに実物を思わせるかの出来でした。

さらに丸の内ブリックスクエアでは
トランプカードがツリーに飾りつけされ
ふしぎの国のアリスが出現したりと

ほかにも新丸ビル3階では塔の上のラプンツェルも
登場したり、丸の内オアゾ1階にもミッキーやミニーの姿を
かたどった飾りつけのあるツリーが登場するなど
どこもディズニー一色でした。

となると、2016年のテーマは現時点では
アリス・イン・ワンダーランド時間の旅かアーロと少年、
ズートピアのどれかということになりそう
です。

この中でヒットしそうなのはやっぱり
ジョニーディップ出演で話題になっている
アリス・イン・ワンダーランド時間の旅でしょうか。

ということで、おそらくアリスあたりが
テーマになると予想したいところです。

では、東京駅イルミネーション(東京ミチテラス)について
詳細をお伝えしていきますね。

東京駅イルミネーションの開催場所

まず、東京駅イルミネーションなので
開催場所とアクセスについて目的地は
東京駅を目指すということで迷いはないと思います。

で、問題は東京駅にどこに行けばよいのかということですが、
駅舎のライトアップの東京ミチテラスでしたら、
駅を出て少し移動する必要があります。

駅構内のイルミネーションは丸の内北口を目指しましょう。

<東京駅>

電車を降りたら丸の内北口を出て、皇居のみえる方角へ進むと行幸通りへ。
行幸通りは丸の内出口を出ておよそ3分の距離です。

<車の場合>

交通規制が引かれるため、車での移動は適していません。

ですが、いちおうどうしても車で行きたいかたのために、
車を止められそうな有料駐車場を記載しておきます。

一度行かれる日に使えそうか有料駐車場に確認を
とっておいてから出かけると安心だと思います。

東京駅から近い便利な有料駐車場はどこ?

東京都八重洲駐車場

1日のチケットも購入できるので
早く駐車場入りして都内の他の場所を見て回ってから
戻ってくるのも方法の一つです。

営業時間が8時までなので、ライトアップを見る時間としては
半ばぐらいに戻る事になりますが、
長く駅舎前に居られる条件でもないの
駅舎だけを見て終わりにするのは勿体無いですね。

30分以下の短時間は無料です。

1時間20時以降翌朝8時まで…60分230円
最大料金12時間2400円
1dayパスポート…3000円
料金体系が複雑ですが、パスポート以外は12時間の利用です。

丸の内パークイン

4時間半までは30分毎に料金切り上げのコインパーキングです。
額面は300円ずつとなります。

24時間営業なので出入りの時間の予算を多めに
見積もっておくと慌てずにすみますね。

日本パーキングセンター

最初の10分から料金加算されるタイプの駐車場ですが、
30分以上の駐車は30分ごとの加算になります。

24時間営業なので、出入りの心配が無いのは良いですね。

10分…100円
20分…200円
30分…310円以降310円ずつ加算。

駅周辺は常に移動

ライトアップ期間中はカラフルになった駅舎を
見ようとして普段人が流れている通りに人が殺到します。

満員電車の押し合いへし合いというものではありませんが、
自分一人が立っている分には困らない程度といったところです。

点灯開始時間ごろだとまだ明るさが残るため
あまり綺麗に見えないようですから
17時以降を目安にするといいですね。

写真撮影の為に少しでも立ち止まると
すぐに声を掛けられて移動を促される状態で、
あまり穏やかな感覚でもないようです。

プロジェクションマッピングとなると
もっと大掛かりですから、どれだけの人が殺到したのか、

そして開催舎側が中止をほぼ即時で決定してしまったかを考えると
通行の妨げになる行動や自分が怪我をする、
あるいはさせてしまうような事態は避けたいものです。

混雑のお陰でロマンの道を楽しむのは大変なようです。

ライトアップが見える場所

混雑で殺気立っているのも、
デジカメや携帯を構えただけで声をかけられてしまうのも
ちょっと…という人は多いと思います。

高いところに登ると離れた場所も見通せるのはよくあるものです。

・新丸の内ビルディング7階のテラス

・KITTE6階の屋上ガーデン

といった建物に入ってしまうのも方法の一つです。

同じ混雑でも、カメラを構えただけで
「移動して下さい!」と言われるよりは気が
楽だと思います。

KITTEでもイルミネーションを開催していますので
駅舎の近くの寒さを避けるにはまさにおすすめでしょう。

年配の人やお子さんを連れて駅舎のライトアップを見るのは、
厳しいのかもしれません。

あまり人が多くなると丸ビルも制限される事があるので、
程々の時間で収めるようにして戻るのが良いと思います。

無料で観覧できるイベントで、
普段から人が多く移動する通りが観覧場所。

入場料が掛かっても季節のイベントは大勢集まりますから、
ある程度は見る側もこの時間で帰ると決めたら
帰るようにするくらいの決まりは持ったほうが良さそうですね。