歯茎から出血.膿が出てくる…
歯がグラグラする…
口臭が気になる…
 
こんなお口のトラブルがある場合は、
もしかしたら「歯槽膿漏」という病気かもしれません。
 
歯槽膿漏は大切な歯がなくなってしまうかもしれない怖い病気です。
今回は歯槽膿漏の原因や症状、対策法をお話したいと思います。

歯槽膿漏とは

「歯周病」という病気は聴いたことがあると思います。

この歯周病とは口の周りに起きた病気全般の事を言います。

そして歯槽膿漏とは歯周病の症状のひとつで、
歯周病の始まりの歯肉炎が悪化して歯茎から出血や膿が出てきたり
歯を支えている骨の部分が溶けてしまった状態の事を言います。

歯槽膿漏の症状は?

歯周病の始まりの歯肉炎では、
歯茎が炎症を起こして腫れてしまい出血しやすい状態が続きます。

歯槽膿漏になると、その症状がさらに悪化して以下のような症状も出てきます。

・歯茎から出血.膿が出る
・歯茎の弾力がなくなる
・口の中がネバネバする
・口臭がキツくなる
・歯がしみる感じがする
・激しい痛みで噛めなくなる
・歯がグラグラする
・歯並びが悪くなる
・歯が抜けてしまう

歯槽膿漏の原因は?

歯槽膿漏の原因は食べかすである歯垢や歯垢を放置しておくと変化してしまう歯石です。

主に歯磨きのやり方が歯垢を十分に取り除くことができない方法ですと、
どんどん歯垢が歯茎に溜まっていき、歯茎から血がでたり、かゆくなったりする歯肉炎になり、
さらに放置しておくと歯が抜け落ちてしまう状態にまで悪化して歯槽膿漏へと
最悪の事態になる可能性があります。

歯肉炎であれば初期症状が軽いので、
気付かないまま過ごしてしまう事が多いのが弱点です。

歯肉炎が悪化をすると炎症がどんどん進み、
歯と歯茎の間にある歯周ポケットという隙間が広がってしまいます。

歯周ポケットが広がると、広がった部分にも歯垢が蓄積しやすくなり
歯を支えている骨が溶けてしまい、やがて歯槽膿漏になってしまうということになります。

歯槽膿漏を予防するには?

歯槽膿漏を予防するには「歯肉炎にならないようにする事」や
「定期的に歯科検診を受ける事」が大切です。

~歯肉炎にならないようにする~

歯肉炎は歯周病の始まりです。

まずは歯肉炎を予防する事が、その後に待っている歯槽膿漏を予防する事に繋がります。

ただ、歯肉炎はなってしまっても症状が軽いので悪化するまで気付きにくいのが弱点です。

歯肉炎を予防するには、歯垢が蓄積しないように歯の清潔を保つ事が大切です。

歯の清潔を保つには、正しい歯磨きをする必要があります。

歯垢はネバネバしていて、ただゴシゴシを歯を磨いただけではなかなか取り除く事が出来ません。

歯垢をキレイに取り除くには、歯磨き粉だけでなく洗口液も
一緒に使って歯垢を取りやすくするのがオススメです。

歯磨きに使う歯ブラシ小さめで柔らかいブラシのを使うようにして、
特に歯垢が蓄積しやすい歯と歯茎の間を念入りに磨くようにしましょう。

~定期的に歯科検診を受ける~

定期的に歯科検診を受けると、お口の健康状態を確認する事が出来て
歯肉炎があった場合は早期発見にも繋がりその後に待っている歯槽膿漏を予防する事が出来ます。

お口の健康状態って、なかなか自分では確認しにくいものですよね?
しかも大人になってからって、歯科検診もなかなか受ける機会はないかもしれません。
定期的に歯科検診を受けるように心がけましょう。

まとめ

歯槽膿漏の原因や症状、対策法…いかがでしたか?

歯周病の症状の中でも歯を失ってしまうかもしれない歯槽膿漏…
1度失った歯は2度と戻ってきません。
歯を失って手遅れになる前に歯医者へ行って大切な歯を守りませんか?