皆さんは、近年話題になっている
熊野大花火大会2016をご存知ですか?
 
火のついた花火を海中に投げる「海上自爆」や
三尺玉を離れた海上に設置して点火する「三尺玉海上自爆
」。
 
鬼ヶ城を丸々使った「鬼ヶ城大仕掛け」など、
迫力ある変わった花火が特徴の花火大会
です。
 
そんな熊野大花火大会2016の場所はどこなのか?
どのように行ったらいいのか?
というのを、今回は紹介していきますね!

熊野大花火大会2016の場所は?

熊野大花火大会2016は、三重県で開催されます。
三重県にある七里御浜の海岸全域です。

ちょうど、獅子岩から鬼ヶ城辺りまでの範囲ですね。

海岸がほぼ全て花火大会の会場になっています。
なので、見に行く際は下に敷くものが必要ですよ。

しかし、海岸全域が会場だといっても場所によって
行き方は様々ですし、見えるポイントも違います。

でもどうせなら花火全体が見える場所が良いですよね。
広い会場に見える花火の全体を見るって贅沢な感じがしませんか?

高速道路は毎年混雑していて、下手をすると
着く前に花火が終わっているなんてこともあります。
無難に駅から徒歩で行った方がいいでしょう。

そこで熊野花火大会2016の全体が良く見える穴場スポットへの徒歩でのアクセスも
紹介していきたいと思います。

熊野花火大会2016の全体が良く見える穴場スポットへの徒歩でのアクセス

熊野花火大会2016の穴場スポットその1:獅子岩周辺への行き方

獅子岩は、七里御浜にある大きな岩です。
この岩は鬼ヶ城と共に世界遺産に指定されているのです。

その鬼ヶ城が見える位置にあり、尚且つ花火全体が見渡せるのが
この獅子岩周辺なのです。

では、徒歩での行き方の説明に入ります。
この獅子岩に近い駅は熊野市駅です。

熊野市駅を出るとタクシー集積所があるので、
そこを右折します。

そこからまっすぐ歩き、井戸川を渡って更に先へ向かいます。
横断歩道を渡って進んでから先の道で左折して熊野街道に入りましょう。
歩いてすぐ右に獅子岩が見えます。

8分ほどでたどりつけるルートです。
詳しいルートはグーグルマップをご覧くださいね。

獅子岩周辺からなら、大仕掛けも三尺玉海上自爆も
花火全体が見られます。

すべての花火を見られる位置で見たい!」という
よくばりな要望にぴったりの場所ですよ!

熊野花火大会2016の穴場スポットその2:花の窟神社への行き方

獅子岩より遠めのところにある花の窟神社
こちらも、鬼ヶ城と同じように世界遺産の一部として
登録されている場所です。

日本神話で有名なイザナミノミコトを祀っている神社でもあります。

花火からは離れてしまいますが、混み合わずゆったりと
花火全体を鑑賞できる場所
です。

では、アクセスルートの説明に入ります。
この神社の最寄り駅は有井駅です。

有井駅を出たら北東に進みます。
そうして牛乳屋さんが見えてきたら右折してください。
右折してまっすぐ行くと熊野街道に入ります。

熊野街道に入ったら交差点を左折してください。
そしてまっすぐ進んでいけば左に神社が見えます。

14分ほどでたどりつけるルートです。
詳しくは、こちらのグーグルマップをどうぞ。

遠くてもいいから静かな場所で見たい」と言う方は
こちらの方向から見ることをオススメします。
デートなどで足を運ぶ人には特にいいのではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか?
熊野大花火大会2016への場所や穴場スポットへのアクセス方法に
ついてご理解いただけたでしょうか?

海岸全体が花火の会場ですから、どこで見ようか
当然迷うと思いますし、良い場所で見たいですよね。

今回は花火全体が良く見える場所を紹介しましたが、
他にもいい場所はあるかもしれません。
「この花火がよく見える場所に行きたい!」という人もいるでしょう。

自分だけのお気に入りスポットから花火を見てみるのも
いいかもしれませんね。ぜひ探してみてはいかがでしょうか?

迫力も見どころも満載の熊野大花火大会2016。
ぜひ楽しんできてくださいね!