生理前~生理中にかけて何だか身体がだるくなってしまい
困ってしまっている女性はかなり多いのではないでしょうか?
 
できれば、早くだるさを改善して本来の快適なライフを送りたいですよね。
 
というわけで今回は生理前~生理中に身体がだるくなる原因や
症状別オススメだるさ対処法をご紹介したいと思います。

生理前~生理中のだるさについて

生理前~生理中に出てくる身体のだるさは、その時期を過ぎればスッとなくなる
一時的な症状である事がほとんどです。

だるさの感じ方は人それぞれで違いがありますが…

・肩~腕がだるくなる
(肩こりがひどくなったり、腕が重くなった感じがする)

・腹部~腰周りがだるくなる
(腹痛や腰痛があったり、お腹周りが冷えた感じがする)

・太もも~ふくらはぎがだるくなる
(足が浮腫んで重くなった感じがする)

などなどが代表的な症状になります。

生理前~生理中に身体がだるくなる原因

生理前~生理中に身体がだるくなる原因は…それはズバリ!
「ホルモンバランスの影響」です。

生理は、プロゲステロンとエストロゲンという2つの女性ホルモンの働きによって
大体決まった周期で来るようにプログラムが組まれています。

生理前から生理中の時期にメインで分泌されるのが、
プロゲステロンという女性ホルモンです。

プロゲステロンは子宮内膜を分厚くさせたり体温をいつもより高くしたり、
栄養を身体の中に溜め込む働きをしています。

プロゲステロンは妊娠を成立させる為には必要不可欠な女性ホルモンですが、
妊娠をしない場合はその働きの影響で身体のあちこちにだるさを
引き起こす原因となってしまいます。

症状別オススメだるさ対処法

・肩~腕がだるくなる場合
(生理前~生理中に肩~腕がだるくなるのは、血行不良が起きている事が原因の可能性があります。)
ストレッチや軽い運動で血液の流れを良くしてあげると、だるさが軽減されます。

・腹部~腰周りがだるくなる場合
(生理前~生理中に腹部~腰周りがだるくなるのは、血行不良が起きている事が原因の可能性があります。
半身浴で下半身を温めて血液の流れを良くしてあげると、だるさが軽減されます。)

・太もも~ふくらはぎがだるくなる場合
(生理前~生理中に太もも~ふくらはぎがだるくなるのは、むくみが起きているのが原因の可能性があります。リンパの流れに沿ってマッサージをしてあげると、だるさが軽減されます。)

まとめ

生理前~生理中に身体がだるくなる原因.症状別オススメだるさ対処法…いかがでしたか?
 
一時的な事が多いとはいえ、生理前~生理中のだるさは本当にしんどいですよね。
もし自分で対処しきれない時は、1度婦人科で相談してみましょう。