生理前~生理中は様々な身体の不調が出てきますが、
食欲不振になってしまう女性はかなり多いのではないでしょうか?
 
できれば症状が軽く済むように対処したいところです。
というわけで今回は生理前~生理中に食欲不振になる原因や
オススメ食欲不振対処法をお話したいと思います。

生理前~生理中に食欲不振になる原因

生理前~生理中、食欲不振になる原因は「ホルモンバランスの影響」です。

わたし達女性の生理周期は、プロゲステロンとエストロゲンという
2つの女性ホルモンの働きにより毎月大体決まった周期で来るようにコントロールされています。

生理前~生理中にかけてたくさん分泌されるのが、
プロゲステロンという女性ホルモンで妊娠を成立させる為には必要不可欠です。

プロゲステロンは受精卵が着床しやすくなるように
子宮内膜を分厚くさせたり、基礎体温を高く保ったり、
妊娠に必要な栄養素を身体のあちこちに中に溜め込む働きをします。

この働きは、妊娠が成立した時にはかなり役に立つのですが…
妊娠が成立しなかった場合は少し厄介になります。

妊娠が成立しないと、プロゲステロンの働きは弱くなり
分厚くなっていた子宮内膜が剥がれて出血(生理)が起こります。

子宮内膜が剥がれて出血をすると、子宮は炎症を起こしている状態になるので
腹痛(生理痛)が出てきたりします。

プロゲステロンの働きが弱くなり出血(生理)や腹痛(生理痛)起きる事が原因で、
食欲不振が起きる事があります。

生理前~生理中の食欲不振は、妊娠を成立させる為に
またプロゲステロンがたくさん分泌されるようになると改善されます。

オススメ食欲不振対処法

生理前~生理中の食欲不振はその時期だけとはいえ、
食事が摂れなくなってしまうのはあまりいい状態ではありません。

何故なら、食欲不振が原因でかえって身体の不調が悪化してしまう事があるからです。

生理前~生理中は無理して量をたくさん食べようとはせず、
食べれそうなモノを少量ずつこまめに食べるようにしましょう。

スープやゼリーなどは、食欲不振の時でも比較的食べやすいのでかなりオススメです。
食事の栄養バランスが気になる場合は、野菜ジュースやサプリメントで補うようにしましょう。

まとめ

生理前~生理中に食欲不振になる原因やオススメ食欲不振対処法についていかがでしたか?

生理前~生理中の身体の不調は、毎月同じではなく月により変動があるので
食欲不振もあったりなかったりすると思います。

食欲不振が出てきた時には今回ご紹介した対処法や自分なりの方法を
あれこれ試してみて、しんどい時期を乗り切って下さいね!

もしあまりに食欲不振がひどくなる場合や自分で対処しきれない場合は
1度婦人科へ相談しに行ってみましょう。