“足がむくむ”と言うと女性特有と思われがちですが、
男性にも起こることです。
 
確かに男性は、女性のように生理によるホルモンバランスの
乱れもなく、下肢静脈瘤も起こりにく、女性に比べ筋肉もあるので、
女性よりはむくみは起こりにくいと考えられます。
 
その分、急に起こるむくみには、病気が隠れている可能性も
考えられます。

 

むくみの原因6つと現れる症状は?

むくみの原因には、以下の6つが挙げられます。

1.運動不足で筋力が低下している場合

2.営業職など立ち仕事が多い場合

3.塩分・アルコールのとり過ぎ

4.腎臓の不調
血尿や顔や手足のむくみを伴っている場合は、腎機能の低下も
考えられます。

男性に多い腎炎の原因は細菌やウイルスですが、風邪のような症状しか
起こらず、ただの風邪と思っているうちに腎炎が悪化することもあるようです。

風邪の症状が長引いていたり、だるさや疲れやすさがある時は、念のため
受診した方が良いでしょう。

5.前立腺肥大
前立腺が膀胱を圧迫すると、頻繁の尿意や尿漏れなど尿のトラブルが
あったり、足がむくむ場合があります。

6.飲酒後にむくむ時
心臓や肝機能障害が考えられます。アルコールの多飲によって影響を受けますが、
アルコールをやめることで元に戻ります。

しかし気付かずに飲み続け負担をかければ、肝硬変や心不全などに
なってしまう可能性もあるので、早めの受診が大切
です。

 

むくみの対処方法6つとは?

むくみが出た場合にできる対処法6つをあげてみます。

1.足をあげて眠る

むくんでいる足を心臓より高くあげることでむくみが改善されるので、
横になって足の下に枕や丸めたバスタオルを敷くと良いです。

また、横になれない時も、足を少しあげるようにすると
良いでしょう。

2.適度な運動をする

ウォーキングやエレベーターではなく階段を使ったり、一駅歩くなど
日常生活に組み込んで意識的に行うようにしてみましょう。

3.食生活の改善

塩分をとり過ぎるとむくみの原因になるので、外食を控えたり
お酒も飲み過ぎないようにしましょう。

体の中のナトリウム(塩分)を排出させる働きのある、カリウムを
含む食品をとるのも効果的
です。

カリウムが含まれる食品はサツマイモ、ひじき、ほうれん草、枝豆、納豆、
キウイ、バナナなどがあります。

コーヒーや緑茶など、利尿作用のある飲み物をとるのも良いでしょう。

4.着圧靴下の活用

適度な圧力を与えることで、血液の循環を促し、むくみの改善に
つながります。
男性用の着圧靴下もあります。

5.入浴する

夏はシャワーですませがちですが、湯船につかることで体が温まり
血行がよくなり、むくみの改善になります。

6.ツボ押し

・湧泉(ゆうせん)
足指を全部曲げた時にできるくぼみで、足の裏の中央より上側にあります。
疲労回復や万能のツボと言われています。

・水泉(すいせん)
くるぶしの内側の斜め下で、くるぶしとかかとのちょうど真ん中にあるツボです。
体の水分の代謝を助ける働きがあります。

 
このように、男性の足のむくみには様々な原因が考えられます。

むくみの対処方法を試してもむくみの改善が見られない場合や、一晩休んでも
むくみが続いていたり、他の部分もむくんだりするようであれば、
病気が隠れている可能性もあります。

この場合は内科を受診すると良いでしょう。