目がしょぼしょぼする・・・
そんなときはが目が疲れてる可能性が高いです。
 
昨今ではスマホの普及からネットユーザーが1億人もいるということが
総務省のデータより明らかになりました。
 
ネットはとても目を酷使しますので、
ほとんどの方がこのような目の疲れを訴えたことがあるかと思います。
 
目の疲れの症状が一時的な場合はそんなに心配ないですが、
なかなか改善されない場合は「眼精疲労」かもしれません。
 
目は非常に大切な部分ですので、
今回は眼精疲労の原因や症状、対策法についてご紹介していきたいと思います。

眼精疲労とは?

たいていの眼の疲れは突発的な眼の疲れになるので、
目薬をつけたり、睡眠をとることで早めに眼の疲れが回復します。

しかし、眼精疲労とは睡眠をとっても眼の疲れや身体の疲れ、特に肩こりが解消されなかったり、
ひどい場合には全身にも疲労感がでてしまい、なかなか症状が
改善しない状態の事を言います。

眼精疲労の症状は?

眼精疲労の症状は「眼に出る症状」「身体に出る症状」の2つあります。

①眼に出る症状

・目が疲れてくる
・視界がぼやけてくる
・目がかすんでくる
・目が痛くなってくる
・目が重くなった感じがする
・目がショボショボしてくる
・異物がないのに涙が出てくる
・光が眩しく感じるようになる

②身体に出る症状

・肩がこる
・倦怠感が出てくる
・頭痛が出てくる
・めまい.立ちくらみがする
・吐き気がする

眼精疲労の原因は?

眼精疲労の原因は様々ありますが、4つに分ける事が出来ます。

原因その1:目の病気

・視力障害(近視.乱視.老眼など)
・ドライアイ
・白内障.緑内障
・斜視
・眼瞼下垂

目にこれらの病気があると、眼精疲労になる事があります。

原因その2:身体の病気

・虫歯.歯周病
・風邪.インフルエンザ
・更年期障害
・自律神経失調症
・糖尿病.低血糖
・脳障害

身体にこれらの病気があり、体力が低下していると眼精疲労になる事があります。

原因その3:生活環境

・パソコン.スマホを長時間使う
・暗い場所で作業する事が多い
・細かい作業をする事が多い

これらの生活習慣がある人は、目を酷使してしまい眼精疲労になる事があります。

原因その4:自律神経の乱れ

・ストレスが多い
・ストレスを上手く発散出来ない
・イライラしたり不安を感じやすい

ストレスで自律神経の乱れが起きると、精神的な影響だけでなく眼精疲労になる事があります。

眼精疲労を対策するには?

眼精疲労を対策するポイントは5つあります。

①身体に異変がないか定期的にチェックしよう!
②視力に合ったメガネやコンタクトを使おう!
③目を休ませる時間を作ろう!
④気分転換をしてストレス発散しよう!
⑤定期的にラジオ体操をしよう!

まとめ

眼精疲労の原因、症状.対策法…いかがでしたか?

繰り返しになりますがパソコンやスマホが普及している現代は、
眼精疲労になる人がとっても増えています。
1日に数時間パソコンやスマホを駆使している方も多いと思います。

眼精疲労を予防するには、目を頑張らせ過ぎない事です。
1時間に一回は休息を取り入れたりお風呂へ入って
血行を良くするのもよい方法でしょう。