日刊スポーツ主催の神宮花火大会の正式名称は神宮外苑花火大会。
 
花火と一緒に芸能人や有名アイドルグループなどのライブも
楽しむことが出来る見どころ満載の花火大会です。
 
もちろん、次々に打ちあがる迫力満点の花火も凄いですよ!
 
そんな神宮外苑花火大会2016の打ち上げ場所はどこなのか、
さらに有料席チケット情報や無料で見れる穴場スポットはあるのかなどを
紹介していきますね!

神宮花火大会2016の打ち上げ場所は?

神宮花火大会2016の打ち上げ場所は、
明治神宮外苑の中にある神宮第二球場で行われます。

この明治神宮外苑は多くの野球場や運動場があり、
その中でも神宮球場、神宮軟式球場、秩父宮ラグビー場などは
有料席でありライブの会場として当日使用されます。

神宮花火大会2016の有料席チケットは?

神宮花火大会2016の有料席は神宮球場、秩父宮ラグビー場、
神宮軟式球場、東京体育館敷地内の4箇所です。

もちろんメイン会場は神宮球場ですが、
この中でゲストが見られるのが神宮球場と神宮軟式球場です。

それぞれゲストがまったく違いますし、前座も異なります。

また、有料席チケットの値段ですが

神宮球場は一人6500円。秩父宮ラグビー場は一人2500円。

神宮軟式球場は前売り券が一人2500円で
当日券はその千円増しになります。

また東京体育館の敷地内は4000円となっています。

有料席で観覧することを考えている人は参考にしてみてくださいね。
有料席のチケットはチケットぴあで購入可能です。

神宮花火大会2016の穴場スポットは?

神宮花火大会2016は、もちろん有料席だけではなく、
無料で見れる穴場スポット的な場所もあります。

鳩森八幡神社ですね。

こちらは打ち上げ場所から離れていますが、
当日境内にたくさんの屋台が並びます。
花火とお祭り気分を楽しみたい人にオススメ
です。

では、有料席が多く設けられている神宮第二球場や、
無料スペースである鳩森八幡神社へのアクセスを紹介していきますね!

神宮第二球場へのアクセス方法

神宮第二球場へ行くには徒歩で行くのがいいでしょう。
神宮外苑周辺は交通規制があるため
車で向かうには困難だからです。

神宮第二球場の最寄り駅は二つあります。
信濃町駅と国立競技場駅の二つです。

まずは信濃町駅からのルートを説明していきます。

信濃町駅を出たら駅前の横断歩道を渡ります。
そして線路を渡り、まっすぐ歩いて行きましょう。

神宮外苑の中にすぐ入るので、敷地内通路を通って
南西方向に歩いて行きます。
そうすれば見えてきますよ。

ここまで徒歩で約11分です。
グーグルマップを貼っておきますので参考にしてください。

次に、国立競技場駅からのルートの説明をします。

国立競技場駅からは、駅を出た後にすぐ近くにある
上りエレベーターにまず乗ります。
そして右折して神宮外苑に入ります。

神宮外苑敷地内に入ったら青山門が見える所にある
横断歩道を目指して進み、信号を渡らずに右折してください。
すぐ近くに目的地が見えてきますよ。

こちらは徒歩約9分と信濃町駅よりも早いです。
グーグルマップをこちらも参照してください。

この二つの駅のうち信濃町駅は混雑しやすい駅ですので、
余裕を持って到着できるようにしましょう。

鳩森八幡神社へのアクセス方法

鳩森八幡神社は西方面の、会場からは離れた場所にあります。
当日は屋台などのお店が出ますし、
比較的のんびり花火が鑑賞できます。

では、さっそくルートの説明に入りますね。

鳩森八幡神社の最寄り駅は千駄ヶ谷駅です。
千駄ヶ谷駅を出たらすぐ近くにある横断歩道を渡ります。
東京体育館のある方向です。

渡ったらまっすぐ進んでいきます。
先の方にある横断歩道を二つ渡り、右折します。
そうすれば神社は目の前です。

ここまで徒歩でわずか7分程度です。
詳しいルートはグーグルマップをどうぞ。

会場に行くよりも早い時間で行けますし、
この道なら色々なお店があるのでそこで食べ物を買うのもアリですし、
トイレも見つけやすいので安心ですね。

まとめ

ここまで、いかがだったでしょうか?

有料席で近くからイベントや花火を見て盛り上がるのもいいし、
無料のスポットからのんびりお祭り気分で見るのもいいですよね。
どちらも捨てがたいと思います。

花火の楽しみ方は場所によって違うので、
自分がいいなと思うスタイルで花火を楽しんでみてはいかがでしょうか。
良き夏の思い出が作れるといいですね!