福島花火大会2016の魅力といえば格安の駐車場です。
なんとワンコイン(500円)というのだから驚きです。

 
ただ、席の数も決まっていますので早い者勝ちですし、
予約ができないのもゲットしづらくなっている
と思います。
 
また、車で行くと交通規制が敷かれていたら立ち往生なんてことにも
なりかねませんので、事前に情報をよく調べてから
行かれるとよいでしょう。

そこで今回は福島花火大会2016の駐車場・交通規制・観覧場所・
穴場スポットについてご紹介していきます。

福島花火大会2016の打ち上げ場所

福島花火大会2016の打ち上げ場所は信夫ヶ丘緑地公園内です。

有料観覧席はもう少し離れた位置の信夫ヶ丘球場という
野球場に設置されています。

*信夫ヶ丘緑地公園・阿武隈川 松川の合流点*

福島県福島市五十辺

福島花火大会2016の最寄り駅

*福島駅*
〒960-8031、福島県福島市栄町1-1

福島駅から打ち上げ会場まで徒歩ではおよそ55分の距離です。

徒歩だと結構な時間がかかりますので
タクシーやバスを利用したほうがよいでしょう。

もし駅から歩くときには距離もありますので
出来れば紙の地図とアプリを併用していきたいですね。

*タクシー*
奥州街道(陸羽街道)/国道4号線経由 16分
万世大路 国道13号線経由 16分

*臨時バス*
福島駅東口発 会場へ 午後4時から午後7時

利用料金:大人300円 子供150円

信夫ヶ丘緑地公園野球場発 福島駅行き 午後8時20分から

利用料金:大人300円 子供150円

信夫ヶ丘緑地公園野球場発で以下場所へ行く場合には
午後8時50分からとなります。

・伏拝経由蓬莱団地行き
・バイパス経由蓬莱団地行き
・平田行き
・荒井行き
・由添団地経由庭坂行き
・長沼経由庭坂行き
・大笹生行き

福島花火大会2016の格安有料観覧場所

花火をしっかり見るのには有料の観覧席の購入が確実です。

観覧席の設置場所は2箇所あります。

*信夫ヶ丘緑地公園野球場*

なお、打ち上げ会場である信夫ヶ丘緑地公園から
信夫ヶ丘緑地公園野球場まで徒歩で行かれる場合は13分ほどかかります。

〒960-8228、福島県福島市松山町175

有料観覧場所は1人500円先着順です。
前売り券は販売されておらず当日券のみです。

当日午後6時から受付なのではやめに並んだほうがよいでしょう。

信夫ヶ丘緑地公園野球場の中の2000席となっています。

屋根がありませんので、小雨対策にレインコートを持って行ったり、
日中の暑さと異なって冷え込むことも有りますので
温度の調整対策が出来るようにしておきましょう。

また、信夫ヶ丘競技場では優待で使える観覧場所があります。
対象者は車いすや高齢者の優待席40組です。

家族の付き添いと事前の申し込みが必須です。

例年7月上旬からの受付になりますので、
優先席を希望の方は早めに申し込みましょう。

申し込み先は以下まで
TEL 024-525-3720 (市役所商業労政課内)

*信夫ヶ丘競技場*

福島花火大会2016の駐車場や交通規制

福島花火大会2016の駐車場

公式の駐車場は以下のとおりです。

開放時間が午後5時30分~午後9時30分。

福島競馬場の指定第1.2.5.6.7駐車場 1300台
詳しい場所は公式サイトをご覧ください。

あぶくま親水公園駐車場 300台

北信支所駐車場 50台

となっています。

交通規制がしかれている時間内に閉鎖になるので、
車での出入りをする時は花火大会が終了したら
早めに戻ってくるように心がけましょう。

福島花火大会2016の交通規制

福島花火大会2016の交通規制は午後5時~午後10時の予定です。

打ち上げ場所である信夫ヶ丘緑地公園周辺は
交通規制により車両での通行ができなくなります。

当日は大変混雑しますので、

できるなら電車やバスを利用したほうが良いとは思いますが、
お車でお越しの場合は駐車場へ直行しましょう。

福島花火大会2016の穴場スポット

例年16万人の人出を数える当花火大会も
有料席だけでは数が足りません。

事情が有って会場や観覧席の購入が間に合わなかった場合も
花火を見られるようチェックしておきましょう。

・国道115号線の文知摺橋(もちずりばし)より南側の河原

打ち上げ会場よりも離れていますが、
花火はよく見えるし、写真写りはよいし言うことなしです。

河原なので虫さされ対策だけは念入りにしておきたいところです。

・あぶくまサイクリングロード

自転車道で花火が見られるというのも
なかなか魅力が有るのではないでしょうか。

阿武隈川のコースですからこちらもいうことがない場所ですね。
もちろん当日も自転車が通りますので注意が必要です。

さらに、虫刺されなどが多いので
虫除けなどを塗るなど虫除け対策をしておきましょう。

福島花火大会2016で気をつけること。

夜店の買い物はまさにイベント行事の楽しみです!

どこの行事でもお祭りの時にしか食べられない
屋台メニューが出ていたりするので
メインのイベントよりもそちらを楽しみにしている人も
いらっしゃるのではないでしょうか。

私自身がそういった側なのですが、
屋台出店の混雑は人出に対してはかなりのものになっています。

ですので屋台の食べ物を食べるか、コンビニなどで予め用意しておくのかも
出かける前に決めておいた方が良さそう
です。

出来ればバッグのサイズもパックの食べ物を収納出来るサイズ、
汚れても困らないように食品用に
ビニール袋を用意しておくと良いと思います。