福島花火大会は福島県福島市で行われるため、
ふくしま花火大会”と平仮名のタイトル名で知られています。
 
そして福島花火大会は毎年16万人が訪れ、
打ち上げ数1万発を誇り、今年2016年で38回目を迎えます。
 
そんな福島花火大会2016の日程や中止になるとき、
さらに見どころ
についてご紹介したいと思います。

福島花火大会2016日程

福島花火大会の日程は、例年、7月または8月の
どちらかの土曜日に開催されたりと不規則です。

このように不規則になる原因は競走馬を花火で驚かせないために、
JRAの福島レースが終了してから始めるからといわれています。

ただ、最近の傾向として、福島レースが終わった翌々週の土曜日に
開催されていますので

福島花火大会2016日程は2016年8月6日土曜日が有力と思われます。
正確な日程がわかり次第、更新でお伝えしますが、
先に情報を知りたいというときには

ふくしま花火大会実行委員会(福島市商業労政課内)
024-525-3720 花火大会当日の場合は0180-99-3590
までお問い合わせください。

小雨では決行されますので
レインコートの準備は忘れずにしておきましょう。

また、ひどい天候のときには翌日に順延されます。

福島花火大会2016の打ち上げ時間は19時30分~20時40分の予定です。

打ち上げ場所は信夫ヶ丘緑地公園(阿武隈川・松川合流点)です。

福島花火2016のが中止になるときはどんなとき?過去を振りかえってみると・・・

福島花火大会はどんなときに中止になったのか調べてみると
2013年度には前日のひどい雨の為に中止になっていました。

2013年度の花火大会の実施日は7月28日でしたが、
何と前日27日の雨で設置していた
打ち上げ花火が水没してしまっていた
のでした。

水よけの対策はされていたものの、
地面がそれ以上に水浸しになってしまった事が
原因で打ち上げ花火のうちの7割が打ち上げられない状態に
なってしまったそうです。

2013年までは福島のレースが終了したら、翌週の土曜日が
開催されていましたが、

2014年度から福島レース終了後、翌々週に行われるようになったのも、
猛烈な雨が降りやすい時期を避けるための配慮なのかもしれません。

福島花火大会の見どころは?縁起花火も注目!

福島花火大会の見どころは、厄払いや願い事などのメッセージと一緒に
花火を打ち上げる
というものです。

この花火は縁起花火と呼ばれていて
申し込みをすることで誰でも打ち上げ依頼が出来ます。

縁起花火にかかるお金は5号玉で8000円前後、
7号玉で2万円前後、10号玉で4万円前後といったところで、
相応に掛かります
が、

受験などの勝負事が有る時は一生の思い出に
花火に想いを託してみてもいいかもしれませんね。

さらに、花火玉のレプリカももらえるので、
お守り代わりにするのもありだと思います。

申し込み先は以下のふくしま花火大会実行委員会まで。

ふくしま花火大会実行委員会(福島市商業労政課内)
024-525-3720

また、花火が中止になった場合は、縁起花火の
代金全額が戻ってくる
ので安心です。

縁起花火はお金を出すので、もちろん協賛という意味もあります。
あなた自身がスポンサーになった気分も味わえますので
絶好の機会になると思います。

企業だけでなくお客さんからの協賛金が
多くの花火大会を支えていますから、

花火だけでなく有料席などのチケット販売なども
予算の範囲内で出資してみるのもいいですね。

この数年は無事に開催されている花火大会、
今年も何事もなく実施されると良いですね!