自律神経は身体の状況に応じて意志とは無関係に自動的に働き、
体を最適な状態に保ち続ける神経です。
 
その中で交感神経は昼間に活発に働き、副交感神経は夜間など
安静時に働いています。
 
この2つの働きは例えば、熱い時に汗をかいて体温の上昇を抑えたり、
運動時に心臓の鼓動を早くして筋肉に大量の血液を送ったり、食後に
胃腸の働きを活発にしたりします。

他にもホルモンの分泌をコントロールする働きなどもあります。

この2つの神経のバランスが崩れると、安静にしているのに動悸がしたり、
胃腸の調子が良くなかったり、突然身体がほてったりなど不快な症状が
現れます。

これを自律神経失調症と言います。
自律神経は体の多くの器官に関わっているので、この機能が乱れると
体のあちこちに支障をきたし、不快な症状が現れるのです。

 

自律神経失調症の原因は?

自律神経のバランスが崩れるのは、もともとの体質や、性格、生活スタイル、
ストレスなどが要因となって引き起こされると考えられています。

体質的に自律神経失調症になりやすかったり、性格的に真面目で責任感が強く
几帳面な人にも多いようです。

ただ、いくらなりやすいからと言っても、それだけで発症するわけでは
ありません。
一番の原因はストレスにあると言われています。

ストレスには肉体的ストレスと精神的ストレスがあります。
睡眠不足や不規則な生活、骨盤のゆがみ、他にも熱い寒いや長時間労働、
満員電車なども肉体的なストレスになります。

精神的なストレスと組み合わさり、負担がかかることで自律神経のバランスが
崩れる原因となります。

 

自律神経失調症の症状

以下のような症状が現れることがあります。

・頭痛や耳鳴り
キーンという高音の耳鳴りや、鼓膜が張った感じや耳が塞がるような
違和感が生じます。頭全体の重だるさや、ズキズキ痛んだりします。

・動悸
安静時でも胸がドキドキします。

・過敏性腸症候群
下痢や便秘が続いたり、交互に繰り返すことがあります。

・不眠
自律神経失調症の代表的な症状の1つです。なかなか寝付けなかったり、
眠りが浅いので寝付いてもすぐに目が覚めてしまいます。

・めまい
身体がふわふわするようなめまいが起こります。

・肩こり
肩がパンパンに張ったり、首や背中までコチコチに凝ったりします。

・呼吸困難、息苦しさ

安静時でも急に息苦しくなったりします。

・微熱
平熱より1度高い状態が続く場合は、体温調節がうまくいっていない可能性があります。

・手足が冷えるまたはほてる、頭がのぼせる、疲れやすい
なかなか疲れがとれなかったり、少しのことでも疲れを感じやすかったりします。

・胃腸症状
胃痛、食欲低下、吐き気などが現れます。

他にも人によっては頻尿、生理不順、のどの渇き、皮膚のかゆみなどの
症状も出たりするようです。

また、精神的な症状としてイライラ、急に不安に襲われたりする不安感、
感情が不安定、集中力・記憶力の低下、無気力
などもあります。

 

自律神経失調症の治し方は?何科に通うべき?

治療は大きく分けて、薬物療法と心理療法があります。

薬物療法では自律神経調整薬や抗不安薬、漢方薬も
用いられているようです。

心理的な治療はカウンセリング、自立訓練法(自律神経を安定させる
トレーニング)や行動療法、ストレス環境の調節などが行われます。

また、交感神経と副交感神経のバランスを取り戻すために、
栄養バランスの良い食事や、規則正しい生活を送ることも大切です。

この病気は適切な治療を行うことで完治できる病気です。

なので様々な症状が続き、内科などを受診をしても異常がないと診断されたときは、
自律神経失調症の可能性も考え神経科や心療内科を受診してみる
よいのではないでしょうか。

 

自律神経失調症の3つの予防法

以下の3つのことを意識して、自律神経失調症を予防するようにしましょう。

1.規則正しい生活
生活のリズムの乱れは自律神経の乱れを引き起こします。
規則正しい生活と十分な睡眠を取るように心がけましょう。

2.物事を肯定的に良い方に考える

3.ストレス解消
打ち明け話のできる人を作ったり、自分なりのストレス解消法を
見つけると良いでしょう。

自律神経失調症は誰にでも起こりうる症状です。
また、適切な治療で完治も可能ですが、2度と起こらないように
日頃から予防を心がけておくことも大切です。