「更年期障害」は、40代~50代の年配世代の女性がなる
病気というイメージがありませんか?
 
でも実は最近、20代~30代の若い世代の女性でも、
更年期障害になるケースが増えています。

 
「若いのになぜ更年期障害になるの?」
と気になる方も多いのではないでしょうか。

若い世代の女性がなる更年期障害は「若年性更年期障害」と
言います。

若年性更年期障害の原因は、一般的な更年期障害の原因とは
違いがあります。

そこで今回は若年性更年期障害の原因5つをご紹介します。

 

若年性更年期障害とは?

若年性更年期障害とは、20~30代の若い世代の女性に、
更年期のような症状が出てくる状態の事を言います。

若年性更年期障害の症状は、一般的な更年期障害の
症状とほぼ同じで

・月経不順になる
・ホットフラッシュ(ほてり)がある
・冷え性になる
・めまいがある
・倦怠感がある
・疲れやすくなる
・ちょっとの事でもイライラする
・夜なかなか眠れなくなる

など、身体のあちこちに不調が出てきます。

 

若年性更年期障害の原因5つとは?

一般的な更年期障害の原因は、
「加齢によるホルモンバランスの乱れ」
です。

若年性更年期障害の場合も「ホルモンバランスの乱れ」ですが、
ホルモンバランスが乱れる原因は加齢ではありません。

若年性更年期障害でホルモンバランスが乱れてしまう原因は
以下の5つがあります。

1. 3~6ヵ月以内に急激な体重変動があった

無理なダイエットやリバウンドなどをして、短い期間で急激な
体重変動
があると、ホルモンバランスが乱れてしまう事があります。

2.激しい運動を日常的にしている

スポーツ選手など、食事制限や厳しいトレーニングを日常的に
している若い女性は、肉体的なストレスがかかりホルモンバランスが
乱れてしまう事があります。

3.強いストレスがある

今はあちらこちらにストレスが転がっている時代です。
ちょっとした会話や髪の毛触られるだけでも本人にとってみれば、
プライドが傷つくなどのストレスになることもあり、

人それぞれストレスに感じることはさまざまです。

強いストレスがあると、ホルモンバランスが乱れてしまう事があります。

4.睡眠不足が続いている

今は24時間営業のお店が増えていて、不規則な生活をしている人が
増えています。

不規則な生活で睡眠不足が続くと、ホルモンバランスが
乱れてしまう事があります。

5.タバコを吸っている

タバコはエストロゲンの分解を早くして、卵巣の働きを低下させ
ホルモンバランスが乱れてしまう事があります。

 

まとめ

若年性更年期障害の5つの原因、いかがでしたか?

更年期障害は年配世代の女性特有の病気と思われがちでしたが、
じつはそうではないことがご理解いただけたでしょうか。

どんな若い世代でもホルモンバランスが乱れれば
更年期障害になってしまうことがあるんです。

若い世代のホルモンバランスが乱れる原因は、
先述のとおり、奥が深く無理なダイエットや
生活習慣の乱れなどさまざまです。

そして、若年性更年期障害は特に女性の方は病院にいって、
なるべく早く治したほうがよいでしょう。

なぜなら若年性更年期障害は、不妊症などになる場合もあるからです。

20代~30代はちょうど出産を考え始める年代です。
子供が欲しいと思っているのに、不妊症になるのは避けたいものです。

更年期障害のような症状がある20代~30代の若い世代の女性は、
早めに一度婦人科に行ってみる事をお勧めします。