赤ちゃんが指しゃぶりしている姿は、誰でも1度は見た事があると思います。
とてもかわいいですよね。
 
でも、「何で赤ちゃんは指しゃぶりをするの?
このような疑問に感じた事はありませんか?
 
ほんと、不思議ですよね。
そこで今回は、赤ちゃんが指しゃぶりをする原因を6つお話したいと思います。

じつは赤ちゃんがいつからいつまで指しゃぶりをするのかによって
意味あいがまったく違ってきますのでその点も注意しておきたい
ところです。

赤ちゃんが指しゃぶりをする原因6つ!いつごろからかで意味が違う!?

1.~お腹にいる時から赤ちゃんは本能的に指しゃぶりをしている!~

女性の方なら気づいた方もいらっしゃると思いますが、
妊婦検診でエコーを見せてもらっている時、
お腹にいる赤ちゃんが指しゃぶりしてる姿を見た事はありませんか?

実は赤ちゃんは、母親のお腹にいる時から指しゃぶりを既にしています。

これは「吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)」と言って、赤ちゃんが本能的にしている指しゃぶりです。

赤ちゃんは産まれてすぐから、母親の母乳を上手に吸えますよね?
それは、この吸啜反射のおかげです。
生きるための本能がすでに備わってるんですね。

吸啜反射は、赤ちゃんが産まれてきてから3ヵ月くらいまで続きます。

2.~生後3ヵ月過ぎ~赤ちゃんの指しゃぶりは遊びの始まり!

赤ちゃんが自主的に指しゃぶりを始めるのは産まれてから3ヵ月過ぎたあたりです。

この頃の赤ちゃんは、目の前で動くモノに対して好奇心を持ち始めます。

まだ指を認識出来ない時期なので、目の前に自分の指が出てくると
何だこれ?」と指しゃぶりで感触などを確かめます。

ですので、あぶないものを赤ちゃんの前に置いておくと、
なんでも口にくわえようとするのはこのためです。

この頃の指しゃぶりは赤ちゃんの遊びの始まりで、指しゃぶりをする事で色々学ぶ時期でもあります。

3.~眠い時~あかちゃんの指しゃぶりはママへのサイン!

赤ちゃんが指しゃぶりをする原因で、一番多いのが眠い時です。

赤ちゃんは眠くなっても眠り方を知らないので、すぐに眠る事は出来ません。

眠り方をまだ知らない赤ちゃんは、ママさんの添い寝や添い乳があると
リラックスして眠る事が出来るようになります。

赤ちゃんが指しゃぶりをしている時は、
大体が眠い事をママさんに教えようとしているサインだと思いましょう。

4.~お腹が空いた時~寝起きのあと赤ちゃんの指しゃぶりからぐずりなら空腹のサイン!

赤ちゃんが指しゃぶりをする原因で、眠い時と同じくらい多いのがお腹が空いた時です。
赤ちゃんはお腹が空いてくると、自然と指しゃぶりをして、授乳する準備を始めます。

お腹が空いている時の指しゃぶりは、しばらくするとグズり始めるのが特徴になります。
寝起きの赤ちゃんが指しゃぶりを始めたら、お腹が空いてきたサインだと思いましょう。

5.~不安を感じたとき~新しいものをみてからの赤ちゃんの指しゃぶりは不安を抱えるサイン!

赤ちゃんは毎日のように新しいモノに触れて、少しずつ成長していきます。
赤ちゃんにとって新しいモノは、あたし達大人が想像する以上に強い刺激です。

その為、赤ちゃんはちょっとした事にも不安を感じる事があります。

赤ちゃんは不安を感じた時、指しゃぶりをして気持ちを落ち着かせようとします。

ママさんが近くにいない時に指しゃぶりを始めて、
泣き出しそうな感じがあったら不安を感じている時と思いましょう。

6.~生後6ヵ月過ぎ~歯が生え始めながらの赤ちゃんの指しゃぶりは痒いサイン!

赤ちゃんの離乳食が始まるのは個人差がありますが、産まれてから6ヵ月過ぎたあたりからですよね。
この頃の赤ちゃんには、可愛らしい乳歯が生え始めます。

歯が生え始めると歯茎がムズムズと痒くなります。
赤ちゃんは痒みを抑える為に指しゃぶりをします。

歯が生え始めてからの指しゃぶりは、歯が痒い時だと思いましょう。

まとめ

赤ちゃんが指しゃぶりする原因…いかがでしたか?

まだ言葉を話せない赤ちゃんは、指しゃぶりという1つの行動で色々な感情を表現しているんですね。

実はかなり奥深い指しゃぶり…気づかないうちに生きるため
にいろいろな行動をしている赤ちゃんってすごいですね!