足がしびれた経験は、誰でも一度はあるのではないでしょうか。
 
日常生活にあまり大きな影響を与えないしびれは、そのまま
放置してしまう人が多いでしょう。
 
しかし実は、しびれには放置しても大丈夫なしびれと、病気かも
しれないしびれがあるのをご存じでしょうか。

今回は、足がしびれる原因2つとしびれの見分け方、足のしびれを
感じた時に考えられる病気についてご紹介します。

 

足がしびれる症状とは?

そもそも、足がしびれるとはどんな症状なのでしょうか。
まずはしびれについて説明します。

「しびれ」とは神経症状のひとつ
・感覚の低下
・運動麻痺
・異常知覚
などの症状が出ている事を言います。

 

足がしびれる2つの原因とは?

足がしびれる原因は様々ありますが、ほとんどの場合は、
以下の2つが主な原因となります。

・血流が悪くなってしまった
・神経が圧迫されてしまった

 

足のしびれの見分け方

放置してもいいしびれは?

足がしびれたからと言って、全て病気が原因という訳では
ありません。

以下のような時に出てくる足のしびれは、一時的なしびれなので
放置をしても大丈夫です。

・長時間正座をした後の足のしびれ
・激しい運動をした後などの筋肉や神経の疲労による足のしびれ

病気かもしれない足のしびれは?

以下のような足のしびれがある場合は、病気が隠れている可能性が
あります。

放置しないで病院へ行く事をオススメします。

・片方の足だけがしびれる
・急にしびれて数分で治まる
・靴下を履いてるような感じがする

 

足がしびれた時に考えられる病気は?

足がしびれた時に考えられる病気は、しびれる場所によって
大体予想を付ける事が可能になります。

●足だけしびれている場合
・腰椎椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症

●片方の足だけがしびれる場合
・外側大腿皮神経障害
・足根管症候群

●おしりや太ももの後ろ、ふくらはぎがしびれる場合
・坐骨神経痛

●両足の先や靴下をつける場所だけがしびれる場合
・糖尿病
・神経障害
・ホルモン異常
・心因性によるもの

 
足がしびれる2つの原因としびれの見分け方、足のしびれを感じた時に
考えられる病気についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

日常生活にあまり支障が出ないとはいえ、しびれは身体が何らかの
異常を感じた時に出すSOSのサインです。

放置していいしびれか、放置してはいけないしびれか、なかなか自分で
判断が出来ない時は、とりあえず病院へ行き医師に相談してみましょう。