汗は全身から出てきますが、特に足の裏は汗が出やすいと
感じた事はありませんか?

 
足の裏の汗はベタベタしたり臭くなったりしやすいため
困るという方も多いのではないでしょうか。
 
足の裏の汗をどうにかしたい!
と思っている人は多いはずです

そこで今回は足の裏に汗がたくさん出る原因と、足の裏の
ベタベタやニオイを抑える対策方法をご紹介します。

 

汗がでる仕組みとは?

そもそも汗はなぜ出るのでしょうか?
まずは汗が出る仕組みを知りましょう。

汗は汗腺という、汗専用のホースのようなところから
出てきます。

私たちの身体は、色々な臓器がせっせと働いてくれているおかげで
動く事が出来ています。

臓器がせっせと働くと、身体は熱を発生します。

身体から出された熱は、汗腺というホースから出された汗で、
熱くなりすぎないように冷やされます。

汗は私たちの体温を調整する為に出される水分で、生きる為には
必要不可欠なものです。

 

足の裏に汗をかく原因は?

汗は汗腺という汗専用のホースから出てきますが、
足の裏に汗がたくさん出るのは、この汗腺が足の裏には
たくさんあるからです。

足の裏に汗腺がたくさんある理由は、足は身体の中でも
特に熱を発生しやすい場所だからです。

また、足は靴下や靴を履くので、身体の中でも熱が
篭もりやすい場所でもあります。

熱が篭った状態が続くと、身体は足の裏にある汗腺から
汗をたくさん出して熱を冷まそうとします。

 

足の裏が臭くなる原因は?

実は汗腺から出てくる汗そのものは無臭で、全然臭くは
ありません。

足の裏の汗が臭くなってしまう原因は、熱が篭もりやすい
場所だからです。

普段から靴下やストッキングを履いたり、靴を履いたり、
こたつで足を温めたり・・・どうしても熱が篭ってしまいますよね。

ですが熱が篭ると、汗が蒸発せずに肌に残ったままになってしまいます。

熱が篭った状態で汗が残ったままになると、ニオイの素となる
雑菌が繁殖してしまい、汗とくっ付いてしまいます。

足の裏の汗が臭いのは、蒸発しなかった汗に雑菌が繁殖して
しまうからなのです。

足の裏がベタベタになる原因は?

足の裏がベタベタする原因はいろいろとあります。

よく油足(あぶらあし)なんて呼ばれるくらい
足に汗をかくと脂もでているのでベタつくんですよね。

この油足の原因は精神的なストレスや遺伝的な面もあります。

もしあなたがストレスを受けにくい人なら
遺伝の可能性が高いですが、

普段から几帳面な性格だったり、ナーバスだったりする場合は
精神的なストレスが大きく影響している可能性がたかいです。

本来から言えば、汗は水分がほとんどなのですが、
ストレスなどから汗が大量に出た場合、同時にミネラルも
放出されてしまうといわれています。

水分は蒸発しやすいのですが、ミネラルは蒸発しにくいので
そのまま足に残りアルカリ性になるため
雑菌が余計に繁殖してしまうんですね。

だからベタベタな足の裏は余計ににおうんです。

 

足の裏のニオイやベタベタを抑える対策方法は?

足の裏のニオイを抑えるには、汗に雑菌が繁殖しないようにすることです。

靴下や靴は熱が篭らないように、通気性のよいタイプのものを
選ぶようにしましょう。

家にいる時には、靴下を脱いで足を乾燥させるようにしましょう。

また、足の裏に制汗剤をシュッシュとスプレーすると、汗の
出る量を抑える事が出来ます。

ただし、スプレーのしすぎは汗腺が塞がれてしまい、熱を冷ます為に
必要な汗も出なくなってしまうので注意しましょう。

そして、足がベタベタしたり、ニオイがきつい人は
精神的なストレスが影響している可能性が高いので
自律神経に効くとされる正官庄で高麗人参を取り入れて
対処しましょう。

 

まとめ

足の裏に汗がたくさん出る原因と
足の裏のニオイやベタベタを抑える対策方法はいかがでしたか?

足の裏の汗は今回ご紹介した方法で、ニオイや汗の出る量や
ベタベタを少なくする事が出来ます。

これから気温がどんどん高くなり、身体に熱が発生しやすい
季節になります。

身体に熱が発生しやすくなると、汗も出やすくなります。

足の裏の汗やニオイが気になる方は、今回紹介した方法を
ぜひ試してみてください。