足利花火大会2016は関東で一番の人気の栃木県が誇る夏の一大イベントです。
人気の高い花火大会として、この足利花火大会は関東の花火大会としてはずせないでしょう。
 
足利花火大会2016の打ち上げ本数も2万発と
全国の名だたる花火大会に肩を並べ、その見応えも定評があります。

毎年40万人の人出を数え歴史も深い花火大会です。
 
足利夏祭りに足を運ぶ機会が有ったら
是非とも足利花火大会2016を見るように予定を組みたいですね!

そこで今回は足利花火大会2016の日程と打ち上げ時間や見どころについてご紹介していきます。

足利花火大会2016の日程と打ち上げ時間

足利花火大会は毎年8月の第1週土曜日に行われます。

足利花火大会2016の日程は2016年8月6日土曜日の予定となります。
雨天で当日が中止の場合は翌日の順延です。

足利花火大会2016の打ち上げ時間は午後7時から午後8時45分の予定です。

足利花火大会は毎年わたらせサマーフェスタという夏祭りのフィナーレとして行われます。

わたらせサマーフェスタは例年通りですと一週間ほど続きますが
毎年日程は不規則なので
行こうよドットねっとなどの情報サイトで確認しておきましょう。

このお祭りの楽しみ方は夏祭りも楽しむために数日滞在するのも良し、
または足利花火大会2016にターゲットを絞るも良しです。

また会場周辺の交通規制の時間は現段階では
2016年度の概要が発表されていませんが
例年通りですと昨年の情報から
(一部午後4時30分)午後5時30分~午後10時までの予定です。

そして駐車場の利用時間は午後3時~午後10時までとなります。

桜小学校・第三中学校は午後1時
助戸公民館・東山小学校が午後2時から開放されています。

駐車場の開放の時間も公式サイトで確認をしてみましょう。

明治36年から100年以上の歴史!

足利花火大会が誇るべきなのは、
人気だけでなく明治時代から続く長い歴史があるということ
です。

第1回は1903年に開催され、今年2016年は102回を数えます。

実質的には始まってからもっと年数が経っていますが
その間には戦争も含まれていますから開催できない年も有ったとしても
100回を数える大会はこの足利花火大会2016くらいでしょう。

長く続く地元の人達の楽しみで、歴史的にも価値がある行事です。

なんと春と秋にも足利花火大会のイベントが行われています

夏の足利花火大会2016が大きなイベントですが、
じつは春と秋にも花火大会が行われています。
春の花火大会は足利工業大学が主体になって行います。

足利花火大会2016の春会場は渡良瀬川中橋上流河川敷で30分ほど開催されています。
秋の花火大会も同様にミニ花火大会として開催されています。
規模は大きくなくても、足利市では夏以外の季節にも花火を楽しむことが出来るんですね!

足利花火大会2016の見どころは10号玉!

足利花火大会2016の見どころといえば10号玉です。

打ち上げの内容はいろいろバリエーションに富んでいて、
通常の打ち上げ花火の他に仕掛花火、ワイドスターマイン。
そして尺玉の打ち上げ、光の川を作るナイアガラなどさまざまです。

ですが、足利花火大会でやはり特に名物となっているのが10号玉です。

10号玉になると尺玉と呼ばれかなり大きな玉になります。
大体直径で30センチの玉になります。

そして10号玉の打ち上がる高さは330メートル、花火の直径は320メートルにもなります。

この玉がどのくらい大きいのか4号玉と比べてみます。

大抵の花火大会の場合はスターマインなどで4号玉が使われますよね。
この4号玉の直径は11.5センチです。

打ち上がる高さは160メートルで開いた時の直径は130メートルとなります。

つまり、10号玉の打ちあがる高さは4号玉の2倍、
開いたときの直径は4号玉の2.5倍近くになります。

でも、10号玉の開いたときの直径は320メートルってすごくないですか?

小学校のグラウンドが大体200メートルで一周する大きさですから、
かなりのサイズ
なのが分かりますよね。

これくらいのサイズになると打ち上げられる場所の条件も限られますので、
目にする機会は少なくなっていきます。

市街地で打ち上げるにはどうしても火災の危険性の対策の為に
小さくせざるを得ない場所もありますから、
尺玉の花火が揚がるだけでも一見の価値がありますね。

ちなみに、4号玉の重さは500グラム。

10号玉は8.5キログラムとなります。

10号玉は4号玉の17倍の重さだったんですね。

これだけのスケールの大きい花火を打ち上げるのですから
打ち上げるときの安全性を考慮しなければいけないので
扱い方が非常に難しいという感じがよく伝わってくるかと思います。

足利花火大会の人気は、移動してきやすい場所でありつつも
尺玉の壮麗な花火を見られるということも要素の一つになっていそうですね。