皆さんは足立の花火をご存知ですか?
 
足立の花火大会2016は東京の夏の花火大会の一番初めを飾る花火大会です。
この花火大会から東京の花火は始まります。
 
そんな足立の花火大会2016は、荒川を挟むような形で見ることになります。
 
荒川の片側が千住側でもう一方が西新井側と呼称されます。
なので、違う会場が対岸にそれぞれあります。

場所によっては行き方も違いますし混雑具合も違ってきます。

さらに絶好の場所取りスポットもそれぞれ異なります。
そこで、今回は足立の花火大会2016の場所や
場所取りをするときの絶好スポットの最寄り駅やアクセス
を説明していきたいと思います。

足立の花火2016の場所は?

足立の花火大会2016は、荒川河川敷で行います。
打ち上げ場所は千住側に近い場所ですね。

このため、千住側の打ち上げ場所近くの河川敷は
立入禁止になっている場所が多い
です。
見れる場所はありますが、混雑は避けられません。

一方で西新井側は打ち上げ場所でも立入禁止にされている場所は
そこまでありません。

なので見れる場所が千住側よりも多いです。

では、千住側と西新井側に分けて場所取りスポットの最寄り駅とアクセスを
それぞれ説明していきますね!

千住側の場所取りスポット!虹の広場の最寄り駅とアクセス

先ほども言ったとおり、千住側は立入禁止の場所が多いです。
特に打ち上げ場所付近である千住新橋と西新井橋の間にある緑地は入れません。

ではどこから見ればよいのかというと、
千住新橋を境にして右側に当たる場所は立入禁止ではありません。

特にここには、「虹の広場」という場所があります。
カラフルな花に囲まれた場所で、この時期にはカンナの花が見ごろです。

花火スポットとしても普通にのんびりするスポットとしても最適な場所です。

では、虹の広場までのアクセスルートの説明に入らせていただきます。

虹の広場の最寄り駅は北千住駅です。
北千住駅西口を出て線路沿いに北方向に歩きます。
そして線路を何度か通って国道449号線に入ります。

国道に入ったら道沿いに北に向けて歩いて行きましょう。
そうすれば千住新橋グラウンドが見えてきます。
この先に虹の広場があります。

詳しいアクセスはグーグルマップをどうぞ!

北千住駅から徒歩で12分ほどで行けるルートです。

空も地面も美しいこのスポットはおすすめですよ。
混雑が気にならず、早い場所取りに自信のある方は
こちらを目指してみてはいかがでしょうか?

西新井側の場所取りスポット!区立西新井橋緑地河川敷グラウンド付近の最寄り駅とアクセス

西新井側は打ち上げ場所近くでもあまり立入禁止になっていません。
そのため対岸から打ち上げ場所の花火を見ることが出来ますよ!

何より場所も広いので、混雑する心配がありません。
余裕を持って足を運ぶことが出来ますね。

では、西新井側の打ち上げ場所に近いスポットへのアクセスを紹介します。

荒川西新井橋緑地全体が見えるスポットとなっています。

区立西新井橋緑地河川敷グラウンド付近が
打ち上げ場所に近いですね。

では、区立西新井橋緑地河川敷グラウンド付近までのルートをご案内します!

区立西新井橋緑地河川敷グラウンド付近の最寄り駅は五反野駅です。

小菅駅という手もありますが、五反野駅の方がかかる時間が少ないです。

では、五反野駅からのアクセスルートです。
まず、五反野駅を出たら西に進みます。
少し行ってから左折して信号を渡り国道4号線に入るように歩きます。

国道に入ったら千住新橋北端付近の信号のある場所で
右折してまっすぐ行ってください。
そして階段を下りるなどすればグラウンドに入れます。

五反野駅から区立西新井橋緑地河川敷グラウンドまで徒歩で19分程度かかります。
詳しくはグーグルマップをご覧ください。

荒川に近い所は立入禁止になっていますが、
そこ以外は広いスペースが観覧場所として利用できます。

混雑を避けたい人は西新井側をお勧めします!

まとめ

いかがだったでしょうか?
足立の花火への行き方はこれでマスターできたと思います。

混雑の多い千住側と少ない西新井側。
どちらも近くで見れたり、綺麗な場所で見れたりとメリットがあります。

自分に合った場所を選んで花火を楽しんでみてくださいね!