東京の三大花火に数えられる隅田川花火大会2016。
伝統ある花火大会として有名ですよね。
 
この隅田川花火大会2016は二つの会場が用意されていて
色々な所から花火が見える
んですよ!
 
でも、かなり多くの人が来るので場所取りも大変です。
事前に打ち上げ場所の情報を知っておく必要がありますよね。

この記事では、隅田川花火大会2016の打ち上げ場所や、
アクセスルートを詳しく紹介していきます!

隅田川花火大会2016の場所は?第1と第2会場アクセス・メリットは?

隅田川花火大会の場所は二か所あります。

打ち上げ場所が隅田川の上空で、浅草や向島付近なのですが、
橋を境にして二つの海上があるんです。

第1会場は桜橋と言問橋の間。
第2会場は駒形橋と厩橋の間です。

ちなみに、橋から見ようと考えてはいけませんよ。
橋は花火大会中立入禁止や立ち止まり禁止になるので。

桜橋は立入禁止区域になっています。
花火に近い場所なので危険だからです。

他の橋は渡ることはできますが混雑防止のために立ち止まるのは
禁止されています。

今回は、この二つの会場それぞれのルートを
紹介していきます。

第1会場のアクセス

第1会場は浅草付近にあります。
ですので、浅草駅から行った方が早いですね。

浅草駅は周辺に三駅ありますが、
この場合の浅草駅は東武浅草駅が近いですね。
ではルートを見ていきましょう。

人でごった返している状況になると思われるので、
車などで行くより徒歩の方がいいでしょう。
徒歩でのルートを紹介しますね。

第1会場に向かうルートは、吾妻橋を渡るルートになります。
この橋は駅から近いですし立入禁止になっていませんからね。

吾妻橋を渡ったら、川に沿ってまっすぐ歩いて行くといいでしょう。
このルートで行くとおよそ14分で会場近くにつきます。

さすがに会場近くだと打ち上げ場所に近いので、
そこから離れた見える場所を探す必要があります。

途中に隅田公園や、遊歩道がある場所なので、
花火を見る場所には困りません。
対岸が有料席なのに対しこちらは有料席ですからね。

しかし、だからこそ人が多いです。
場所によっては朝からキープされてるなんてことも。
場所取りは早めにしておいた方がいいでしょう。

詳しいルートはグーグルマップをご覧ください。

第1会場では同時に花火競技会も行われ、
新作の花火が勢ぞろいします。

「多少混んでも新作花火が見たい!」と言う人は
こちらのルートで行くのがいいですね。

第2会場のアクセス

第2会場もやはり浅草駅に近いです。
駒形橋付近にある都営地下鉄の浅草駅ですね。

が、この会場付近にある浅草駅は立入禁止区域に
抵触している場所です。

なので、第2会場に向かうには、
蔵前駅から行くのが望ましい
でしょう。

蔵前駅を出たら大江戸通りを隅田川に沿ってまっすぐ歩いて行きます。
そうして厩橋を渡りましょう。
またまっすぐ歩いて行けば打ち上げ場所です。

こちらのルートで行くと、かかる時間はおよそ11分です。

こちらの方も、グーグルマップを貼り付けておくので、参考にしてください。

第2会場の方は第1会場とは打って変わって
公園などの見えるスポットがあまりないです。
時にビルなどの建造物で花火が遮られてしまうこともあります。

しかし、その分場所取り合戦に巻き込まれずに
ゆったりと慌てずに会場に向かうことが出来ます。
見えるポイントを探す時間はあるということですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
隅田川花火大会への生き方は分かりましたか?

見やすい場所が近くにあるけれど人でごった返して慌ただしい第1会場か。
それとも比較的空いている第2会場で見るか。
迷う所ですね。

しかし、どちらの会場で見ても綺麗な花火が見えることには
変わりありません。

自分のペースに合わせ、メリットやデメリットを考えた上で
後悔のない場所選びをしましょう。