須賀川市の釈迦堂川花火大会は福島県でも毎年25万人近くが訪れる
福島県でもとても大きな花火大会
です。
 
打ち上げ本数は1万発で腕利き花火師が競い、
5尺玉やメッセージ花火なども挙がります。
 
そんな魅力たっぷりな須賀川市釈迦堂川花火大会2016の駐車場・交通規制・
有料席・穴場観覧場所
についてご紹介していきます。

須賀川市釈迦堂川花火大会2016打ち上げ会場や最寄り駅

須賀川市釈迦堂川花火大会2016打ち上げ会場

須賀川市釈迦堂川花火大会2016の打ち上げ会場は
須賀川市民スポーツ広場です。

ちょうど釈迦堂川と阿武隈川が重なる場所なので
釈迦堂川花火大会とも呼ばれています。

<須賀川市民スポーツ広場>

〒962-0804 福島県須賀川市中曽根60

須賀川市釈迦堂川花火大会2016の最寄り駅

須賀川市釈迦堂川花火大会2016の最寄り駅は須賀川駅です。

須賀川駅から会場までは2km弱ほどで、徒歩で25分程の距離です。

タクシーでは10分ほどの距離となります。

<JR須賀川駅>

〒962-0004 福島県須賀川市中山

須賀川市釈迦堂川花火大会2016駐車場

須賀川市釈迦堂川花火大会2016の駐車場は
例年15箇所以上無料駐車場がありますが、
その中で毎年駐車場になる場所を以下にあげておきたいと思います。

この中で一番距離が近くて台数がおけるのが阿武隈小学校校庭です。

・阿武隈小学校校庭(約550台)
・柏城小学校校庭(約150台)
・西袋第一小学校校庭(約200台)
・西袋中学校校庭(約150台)
・須賀川第三中学校校庭(約50台)
・須賀川高校校庭(約200台)

・須賀川アリーナ(約400台)
・須賀川市文化センター(約100台)

・独立行政法人国立病院機構福島病院(約280台)

・ JT株式会社東日本原料本部(約150台)

詳しい場所は以下のマップをご覧ください。

釈迦堂川花火大会

須賀川市釈迦堂川花火大会2016交通規制

賀川市釈迦堂川花火大会2016交通規制は

市の交通規制案内が一番詳しい情報です。

例年の傾向ですと、

車両進入禁止区域の交通規制は午後3時から午後10まで
打ち上げ会場である市民スポーツ広場周辺の場合は
午前7時からの交通規制
となっています。

須賀川市釈迦堂川花火大会2016有料席の料金について

今回の釈迦堂川花火大会の有料席は椅子席のみで2箇所、
テーブル席1箇所の3区画に分かれています。

以下は昨年の有料席の料金です。
おそらく今年も同じ内容だと思いますので
参考にしてみてください。

テーブル席896席 指定4人まで 11000円
椅子席A・B席ともに 自由席1人2000円・当日券2200円。

テーブル席は前売りのみの発売になっています。
チケット購入に際しての送料手数料は購入者側の負担になります。

当日券の取扱窓口は花火大会事務局(須賀川市役所卸町仮庁舎)
お問い合わせ先0248-88-9144となっています。

ほかにもテーブル席と椅子席A・B席はローソンやチケットぴあ、セブンチケット、
または0248-88-9144へ(午前10時から午後6時まで)電話予約することができます。

外から訪れる場合は出来るだけ前売り券で
手に入れておくと現地に入ってからがスムーズです。

3000席程の座席ですが毎年いっぱいになりますので
早めの予約と現地での移動を心がけましょう。

須賀川市釈迦堂川花火大会2016穴場的な観覧場所

うまく有料席を購入できればいいのですが、
確保が難しいのが有料席なので、
穴場的な観覧場所もぜひ押さえておきたいものです。

*翆ケ丘公園*
〒962-0867、福島県須賀川市愛宕山

*須賀川第二中学校*

テーブル席近くになるため、花火の観覧場所として適している場所の一つ。
学校ですからゴミの持ち帰りなどマナーには注意したいものです。

〒962-0003 福島県須賀川市岩瀬森46

*阿武隈川河川敷堤防*

周囲を見渡しやすい場所なら花火を見るには
会場に近い阿武隈川の河川敷に行くのもおすすめされています。

基本は釈迦堂川の堤防沿いが人が集まりやすく
見に行くのには迷いにくく確実かも知れません。

どうも会場に近いところに行くと花火が本当に真上に上がるために
ずっと見上げなければならないので首が疲れてしまいやすいようです。

ある程度離れていれば見るのも楽ですので
観覧するための角度も考える必要があります。

帰りの相当な混雑と渋滞は避けられず2時間程度動けないのを
覚悟の上で出かけることになりそうです。

花火の他にもウルトラマンファミリーにも出会える須賀川市。
是非一度訪れてみては?