「高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)」という病気をご存知ですか?
じつは、この高尿酸血症という病気にかかったまま放っておくと
尿酸が関節にくっついてしまい、あの痛くて恐ろしい痛風にかかってしまいます。
 
しかも、この高尿酸血症はメタボの方がなりやすいのです。
そんな高尿酸血症の原因や危険性、予防法などをご紹介していきたいと思います。

高尿酸血症とは?

健康診断の血液検査に「尿酸値」という検査項目が必ず入っているのをご存知ですか?

「尿酸」とは、体内の細胞が新陳代謝する際に
古い細胞が分解するときに発生する老廃物の事を言います。

そして「尿酸値」とは、尿酸がどれくらい蓄積しているかを調べる検査項目です。
この数値が一定数を超えると高尿酸血症となってしまいます。

~尿酸値が7.0mg/dl以上は高尿酸血症~

高尿酸血症とは、尿酸が多く蓄積されている状態の事を言います。
高尿酸血症の基準となる尿酸値は、7.0mg/dl以上です。

高尿酸血症の原因

高尿酸血症は生活習慣の乱れが一番の原因になります。
以下のような生活習慣がある人は、高尿酸血症になる可能性があります。

・アルコールをよく飲む
・偏った食生活をしている
・運動不足がある
・肥満気味である
・休む時間がないくらい忙しい
・強いストレスがある

高尿酸血症の危険性

高尿酸血症を放置すると、「痛風」「尿路結石」「腎障害」などの病気になる可能性があります。

「痛風」とは、尿酸が蓄積され過ぎる事で激しい関節痛が起きてしまう状態を言います。

特に症状が出るのは、足の親指の付け根.アキレス腱の付け根.足の甲など下肢の関節です。

痛風発作は歩けなくなるくらいかなり激痛が走ります。

「尿路結石」とは、膀胱や尿の通り道に結晶が固まった結石が出来てしまう状態の事を言います。

症状は排尿痛.頻尿などがあり、尿路結石の痛みはかなり激痛と言われています。

「腎障害」とは、尿酸の結晶が腎臓内に蓄積してしまい
正常に機能しなくなってしまう状態の事を言います。

高尿酸血症を予防するには?

高尿酸血症の予防するには、生活習慣の見直しがとっても大切になります。

以下の事に注意してみましょう!

・アルコールを控えめにする
・栄養バランスを考えた食生活をする
・適度に運動をする
・ストレスを溜め込まないようにする
・年に1度は必ず健康診断を受ける

まとめ

高尿酸血症の原因や危険性、予防法…いかがでしたか?
尿酸は誰の身体の中にもあります。

でも必要以上に蓄積され過ぎてしまうのは、病気の原因になるのでよくありません。
常に身体にあるモノだからこそ、バランスが崩れないように注意する必要があります。

健康診断で高尿酸血症を指摘されたら
「大した事ないでしょ」と甘く考えずに、早めに病院に行って対処するようにしましょう!