今回は群馬県高崎市の高崎まつり内で行われる花火大会についてです。
 
お祭り全体を通して77万人もの人出を数える
高崎市の一大イベントは必見です。
 
高崎花火大会2016の時間や日程について、
さらに高崎まつりの歴史や花火の見どころについても
ご紹介していきます。

高崎花火大会2016年の時間や日程について

高崎花火大会2016は例年8月第1週土曜日に行われており、
東日本大震災の時のような例外が無ければこの日程で行われています。

ということで、まだ公式サイトで未発表なので
あくまで予定の段階ですが高崎花火大会2016の日程は
2016年の8月第1週の土曜日である
8月6日となる可能性が濃厚
だと思います。

小雨ではもちろん決行します。

ただしゲリラ豪雨などの荒天時は翌日に延期されます。
また、両日ともに実行が出来なかった場合には
再度の延期はなく中止となります。

花火の打ち上げ時間は昨年と同様でしたら
19時40分~20時30分の50分間となります。

もしすぐにでも正確な日程や時間を知りたい方は
主催の商工観光部 観光課027-321-1257
へお問い合わせください。

会場は群馬県高崎市の烏川、和田橋交通公園近くの河川敷です。

間髪入れない打ち上げであっという間の時間を

およそ15000発の打ち上げ花火は
50分の間に間髪をいれず打ち上げられ、
大変見応えがあると評判です。

群馬県内で4位の人気と県で1位は取れませんでしたが、
見た人の評価の高さの方が実際に見に行く時には大事ですよね!

開催時間をフルに使うための休憩や
打ち上げの間の時間が無いというのは
観客を飽きさせない大事なポイントです。

規模においては北関東で2番目の規模を誇りますし、
大きな大会としての認知度も人気も高いです!

高崎まつりは江戸時代から現代に至る歴史ある祭行事

現在の高崎まつりの以前の祭りは
江戸時代の高崎藩主の大河内家が
祀っている頼政神社の祭典として始まりました。

しかし藩主が東京へと移動した際にこの祭は一時衰退します。
1868年には道祖神祭、高崎奉納祭、となります。
1975年には高崎ふるさとまつりへと変貌をとげます。

現在の高崎まつりの形になったのは
1985年と祭の名前内容だけで紆余曲折が有った事が分かります。
高崎市政は2000年に100年を数え、今も続けられる祭です。

花火大会が始まったのは1954年全国煙火競技大会、
1984年からは和太鼓、雷舞、創作だるま神輿に
高崎阿波踊りなど市民の催事が多く開催されるようになっています。

この数年では東日本大震災の時に
被災地に警官が派遣された為花火大会の警備員の不足から
8月末に延期されていますが、
2012年以降は例年の日程で行われています。

高崎まつり花火以外の行事

<高崎まつり・高崎山車まつり>

高崎まつりと高崎山車まつりはダブルで開催されます。

初日・2日目は例年通りであれば13時から21時まで開催されます。

日本でもっとも山車の数が多いとされる高崎まつり
参加してみたいですよね。

山車にはいろんな武士や公家などの山車もあれば、
日本神話に登場する神様や天皇、さらに七福神などの山車もあります。

メインとなる会場は、あら町交差点から田町通り慈光通りまでと、 
大手前通り桜橋通りからもてなし広場までです。

他にも以下のようなイベントが盛りだくさんです。

<盆踊り>
初日 19時~21時

もてなし広場

<高崎ちんどん>
初日・2日目 14時~20時30分 まつり開場内

<木遣>
初日 13時55分~14時 あら町交差点

初日 19時40分~20時30分 連雀町交差点

2日目 13時40分~14時10分 駅前通り

2日目 14時40分~15時00分 すずらん前

2日目 19時30分~20時30分 連雀町交差点

といった概要です。

より詳しい情報については公式サイトが最も詳しい記述が見られますので、
こまめなチェックをしてみてくださいね。

祭のボランティア募集の案内もありますので
お祭りの中での活動や裏方作業に興味がある方も是非覗いてみてくださいね!