健康診断で「高脂血症」を指摘される人が増えています。
 
高脂血症は動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞など
命に関わる病気になる危険性があるとっても怖い病気
です。
 
今回は、高脂血症とはなにか?
診断基準となる数値はどのくらいなのか?といった疑問点や
さらに高脂血症になる原因や症状さらに予防法をお話したいと思います。

高脂血症とは?

~高脂血症とは?~

高脂血症とは、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪の量が適切な量よりも多すぎたり
善玉コレステロールが少なすぎたりする状態
の事を言います。

日本には4人に1人がかかるとされているくらい誰にでも起こりうる病気です。

最近ではメタボが世間で知られていますが、
メタボとは生活習慣病になりやすい人のことをいいますので、
高脂血症にもかかりやすいということになります。

~高脂血症の種類や診断基準となる数値は?~

高脂血症は「高LDL(悪玉)コレステロール血症」「高トリグリセリド(中性脂肪)血症」
「低HDL(善玉)コレステロール血症」の3つの種類があります。

それぞれ、血液に悪玉コレステロール、中性脂肪が多すぎたり、
善玉コレステロールが少なすぎたりすると高脂血症にかかるのですが、
その診断基準となる数値目安は以下のとおりとなっています。

「高LDLコレステロール血症」は、血液中の悪玉コレステロールが140mg/dl以上の状態の事を言います。
「高トリグリセリド血症」は、血液中の中性脂肪が150mg/dl以上の状態の事を言います。
「低HDLコレステロール血症」は、血液中の善玉コレステロールが40mg/dl以下の状態の事を言います。

~高脂血症の症状は?~

高脂血症の初期段階ではほとんど自覚症状がないままで経過します。

自覚症状がない為、発見が遅れる場合があり病態が進行して
「肥満」「糖尿病」「高血圧」「動脈硬化」などの合併症になってからようやく発見されたりします。

高脂血症の原因は?

高脂血症の一番の原因は「生活習慣の乱れ」です。
以下のような生活習慣がある人は、高脂血症になる可能性があります。

・偏った食生活をしている
・お酒をよく飲む
・タバコを吸っている
・運動不足がある
・太りやすい体質である

高脂血症を予防するには?

高脂血症を予防するには、生活習慣の見直しを行う必要があります。
特に効果があるのは「食生活の改善」です。
高脂血症を予防する食生活は、以下の事をちょっと意識してみてください。

・食事は腹八分目まで
・コレステロールを控えた食品を食べる
・お酒を控える
・バランスのいい食事を心がける

まとめ

高脂血症の原因.症状.予防法…いかがでしたか?
高脂血症は生活習慣の乱れが一番の原因なので、誰でもなる可能性があります。
高脂血症を予防するには、毎日食べる食生活の改善が一番効果的です。

もちろん、適度に運動したりその他の生活習慣の改善も高脂血症の予防には効果があります。
自覚症状がほとんどない高脂血症。

定期的に血液検査で確認する事が早期発見する重要なポイントになります。
年に1回は健康診断を受けるようにしましょう。