皆さんの足の裏はキレイですか?
 
私も以前まで右足の裏(親指の下)に、大きな魚の目がドカンと居座っていました。
 
魚の目は知らぬ間に出来ていて足の裏が汚く見えるし、チクチク
痛くなって歩くのが大変になったり、自分でほじくって対処して
みたけど何度も再発しちゃったりと、かなり困るものです。
 
私のように足の裏に魚の目が出来てしまい、悩まれている方は
多いのではないでしょうか。

足の裏の魚の目は何が原因で出来てしまうのでしょうか?

出来ないようにするにはどうしたらいいのか、出来てしまった場合の
取り方はどうすればよいのか、ぜひ知っておきましょう。

今回は足の裏に魚の目が出来る原因と取り方や
二度とならないための予防法をご紹介します。

 

魚の目とは?

まさに読み方の通り、魚の目に似た形のモノが足の裏や指に出来てしまい、
皮膚の深いところまで硬い芯を作ってしまいます。

そこが圧迫されたりすると痛みを与えてしまう状態の事を言います。

 

足の裏に魚の目が出来る原因2つとは?

足の裏に魚の目が出来てしまう原因は、以下の2つがあります。

1.靴のサイズが合っていない

皆さんは自分の足にピッタリ合った靴を履いていますか?

“ちょっとキツイ”または”ちょっと緩い”場合でも、それなら少しは
我慢出来るからかまわないと、自分の足に合わないサイズの靴を
履いてませんか?

サイズの合わない靴を履き続けると、足を必要以上に圧迫してしまい
角質が硬くなり、魚の目が出来る原因となります。

また、ヒールや先のとがった靴なども、見た目はオシャレですが
足を圧迫してしまうので魚の目が出来る原因となります。

2.血行不良がある

皆さん冷え性などはありませんか?

冷え性などがあると、血行不良を起こし新陳代謝が悪くなります。

新陳代謝が悪くなると皮膚が硬くなり古い角質が溜まりやすく、
魚の目が出来る原因となります。

また血行不良は、歩く時の摩擦が負担となり魚の目が出来る原因と
なります。

 

もし魚の目が出来てしまったらどうする?

魚の目がすでに出来てしまったという方で、まだ自分で
ほじくってない場合は、そのままほじくらずに病院の皮膚科へ
行く事をオススメします。

下手に自分でほじくってしまうと、魚の目は余計に悪化して
しまう場合があります。

私は、まさにその経験者です。
気になってほじくったら、最初は小さかった魚の目がみるみる
大きくなってしまい、足の裏がひどい状態になってしまいました。

最初から病院に行けば良かったと、今更ですが後悔しています。

病院へいきたくないという場合は、市販されている「ウオノメコロリ」
という商品を使うのがオススメです。

むしろ病院へ行く前に試したほうが良いかもしれません。
口コミでも皮膚科へ通ったけど治らなかったけど、
ウオノメコロリのおかげで治ったという方もいます。

この商品はただ貼るだけで硬くなってしまった角質を柔らかくして、
しっかりと魚の目を取ってくれます。

治るまでの時間は2~3週間と結構かかりますが、
一度チャレンジしてみる価値はあります。

魚の目を予防するためには?

魚の目が出来る原因は「サイズの合わない靴」「血行不良」の2つが
あると述べました。

つまり、魚の目を予防するためには、この2つを解決すればよいのです。

1.足のサイズに合った靴を選ぼう!

魚の目を作らない為には、靴選びが大切です。
特に普段よく履く靴は、サイズをきちんと確認して、自分の足に
合った靴を選びましょう。

また、ヒールや先のとがった靴は長時間履かないようにするのも
大事です。

2.血行不良を良くしよう!

魚の目を作らない為には、血行不良を改善する事が大切です。

冷え性で足がひんやりしている方は、足湯をオススメします。
足湯は芯から身体を温めて、血行不良を改善してくれます。

なかなか湯船には浸かれない…
お家に湯船がない…

という人でも、足湯なら洗面器にお湯を溜めるだけだから
簡単に出来ます。

 

まとめ

 
足の裏に魚の目が出来る原因と作り方、予防法はいかがでしたか?

知らぬ間に出来て再発もしやすい魚の目は、予防をしっかりする事が
とても重要です。

まだ魚の目が出来てない方は、予防をしっかりしてキレイな足の裏を
そのままキープ出来るようにしましょう。

私のように、勝手にほじくって悪化させてしまったという人も、
まずは病院やウオノメコロリなどでしっかり治しましょう。また再発をしないように
正しい予防法をマスターしてキレイな足の裏を維持できるようにしましょう。