私たち日本人は黄色人種と言われていて、ちょっと黄色を含んだ肌色をしていますよね。
しかし、目や肌の色が明らかに不自然なほどに黄色く変化したら…それは「黄疸(おうだん)」です。
 
大人になってからの黄疸は病気が隠れている可能性があるので要注意です。
 
というわけで今回は、黄疸が出る原因やその裏に隠れている病気についてお話したいと思います。

黄疸(おうだん)とは?

目や肌の色が黄色くなってしまう状態の事を言います。

黄疸の原因は?

黄疸は「ビリルビンという成分が身体の中にたくさんある事」
「肝臓がビリルビンを分解しきれない事」が原因で起きます。

ビリルビンとは、黄色い色素を含んだ成分で使われなくなった赤血球が壊された時に作られます。

黄疸になった時に目や肌の色が黄色く見えるのは、ビリルビンに含まれる黄色い色素が原因です。

健康な身体の場合、ビリルビンは肝臓で分解されます。

分解されたビリルビンはおしっことして身体の外に排出されます。
そういえば、おしっこって黄色いですよね?
このように黄色いのはおしっこの中に黄色い色素を含んだビリルビンが溶けているからです。

しかし、身体の中でビリルビンがたくさん作られすぎると
肝臓がビリルビンを分解しきれなくなってしまいます。

また、肝臓の働きが弱くなってもビリルビンを分解出来なくなってしまいます。
分解されなかったビリルビンは身体の中にどんどん蓄積されてしまいます。
蓄積されたビリルビンが目や肌の色を黄色く変化させて、黄疸になります。

黄疸に隠された病気

黄疸はただ目や肌の色が黄色くなってしまうだけでなく、
その裏には「ビリルビンをたくさん作ってしまう病気」
「肝臓の病気」が隠れている可能性があります。

ビリルビンをたくさん作ってしまう病気には、すい臓がんや胆管結石、溶血…などがあります。
肝臓の病気には、肝炎.肝硬変.肝臓がん…などがあります。

どの病気も命に関わる可能性のある怖い病気ばかりです。

黄疸が出た場合には、肌が黄色くなるだけではなく痒みや倦怠感、
吐き気などの症状が出てきます。

まとめ

黄疸が出る原因.その裏に隠された病気について…いかがでしたか?

黄疸は赤ちゃんの頃にほとんどの人が経験する事が多く、
赤ちゃんの黄疸は病気ではないので大人になってからの黄疸も
病気じゃない…と思う人が多いかもしれません。

でも、大人が黄疸になるのは病気の可能性があります。
なので黄疸を見つけたら必ず病院へ行きましょう!

また、黄疸の原因になるビリルビンの数値は採血でわかります。
黄疸が出ていなくてもビリルビンの数値が高い場合は要注意です。
定期的に健康診断を受けて確認するようにしましょう。