PL花火大会こと教祖祭PL花火芸術についてです。
今回は会場と会場周辺の駅など、地理的な案内情報です。
 
縮小傾向にあるとはいえ大がかりなイベントですからかなりの混雑が見込まれます。
 
公共の交通機関で移動してきた時は、混雑を追っていくと
会場付近にたどり着くのはそれほど難しくはない場所です。
 
車の時には、観覧料と合わせて駐車場が利用できる施設の席の予約もおすすめです。
当然スペースには制限がありますので、早めの行動を心がけたいものです。

PL花火大会 2016の場所について

PL花火大会 2016の場所は以下の通りです。

*パーフェクトリバティー教団*
所在地
〒584-0091 大阪府富田林市新堂2172-1

最寄り駅は

近鉄長野線富田林駅」です。

教団との距離は760メートル。
富田林駅前発のバスの移動6分です。

料金は200円で、出発の間隔は10分になっています。
乗るバスは

・北野田線90303系統
・金剛東団地線70201系統
・金剛東団地線70202系統

となっています。

徒歩でおよそ14分です。

駅前を出発するバスの時間に注意しておきたいですね。
南大阪ターミナルガイド

PL花火大会 2016の予約駐車場について

次に紹介する前売り券と別途の予約駐車場についてです。

これは実際にPL花火大会のサイトを見ていただくと
状況が分かりやすいのですが、料金も高価です。

普通車の駐車料金3000円
予約の料金が追加2000円

ここで5000円なのでチケットを購入するか、駐車場を予約するか迷いますね。
駐車場単体の利用ですから会場を離れて自由に移動が出来るのがメリットだと思います。

PL花火大会 2016の観覧席の前売り券を手に入れよう!

当日券の販売はありません。

確実に出かける予定であれば、
有料の観覧チケットを手に入れておくと便利になります。

お手頃な野外チケットの場合は駐車場の利用が出来ませんので、
車を使わないなら料金を抑えておいた方が良いでしょう。

情報は最新ではないので2016年の各販売サイトの更新情報をチェックしましょう。

<ローンパーク観覧席チケット>

中学生以上・大人3500円
小学生のみ 1000円

販売:チケットぴあ・イープラス・ウォーカープラス・近鉄日本鉄道の各駅
問い合わせ:株式会社 光丘テレフォンサービス
電話0721-25-6422

<光丘カントリー倶楽部 野外、料亭あき跡地>

チケット1枚 5000円

販売:光丘カントリー倶楽部
電話0721-24-0844

===
以下が駐車場も利用可能の観覧席です。
教団の敷地内設備の屋上なので料金も上がりますが、サービスも付いています。

<光丘カントリー倶楽部 クラブハウス屋上>
チケット1枚50000円
電話での申し込みの後に郵送

電話0721-24-0844

こちらは別の施設から、温泉も楽しみながらのんびり観覧コースです。

<スパヒルズ特別観覧席チケット>

こちらは狭山市のスパヒルズの利用になります。
ご利用の方法はこちら

宿泊施設ではありませんので、宿泊施設も考慮しておきましょう。

*屋上席
中学生以上・大人 8000円
4歳から小学生 6500円

*レストラン
中学生以上・大人 10000円
4歳から小学生 8000円

チケットの販売はチケットぴあで行っています。
料金には施設の利用サービス料金が含まれています。

これらの情報はまだ最新のものではありませんので、
利用できるチケットサービスのサイトをまめに確認しておきましょう!

歩いても公共の交通機関を使っても大混雑をたどることで迷うことはまず無さそうです。

逆に快適に歩いていける状況というわけでもなさそうなので、
単純測定の距離よりも移動時間が掛かると考えておいた方が良さそうです。

PL花火大会 2016の穴場!

花火を見るには会場でなくとも

・金剛山の山頂
・狭山池公園周辺
・石川河川公園
・狭山ゴルフセンター駐車場(駐車料金が必要)
・ダイエー富田林店駐車場

といった場所からも花火を見ることが出来ます。

一大イベントに人が集まらないということは考えられないので、
静かに見るのは大変ですが会場付近の大混雑を避けるには
こういった場所を目指してみるのも方法の一つです。

会場で見るメリットは、屋台出店、その場でピザを売り歩いているなど
食料品の補給には困らないということ
でしょう。

出店はお祭りの空気を楽しむのに欠かせない要素です。
会場に近いコンビニなど臨時の出店もあるため会場に近いほど屋台を楽しめるのは確実です。

会場から離れて見る時にも是非立ち寄って利用してから移動してみてはいかがでしょうか。

PL花火大会 2016の当日はいつ頃会場に入る?

入場時間は13時からです。

場内で楽しむ時には場所取りもその分だけ早くなるので、
お昼に出る時には暑さを凌ぐための簡易テントも有ったほうが良いようです。

雨具や、暇つぶしになるものも持って入りましょう。

人の増え方も大変なので、場所を取ったら移動するよりも、
腰を据えて待つようにした方が良いでしょう。

PL花火大会 2016は帰り道まで気を抜けない!

イベントは無事に宿泊先にたどり着いて一息つくまで気を抜けません!

ひどい混雑のために最寄り駅の富田林駅は入場規制が掛かります。

待ち時間が1時間程ですから、
狭山駅や南海高野線金剛駅の方が歩いても早い可能性もあります。

徒歩の方がすぐに身動きできるルートを確保しやすいです。

終了直後は車の渋滞も身動きが取れない程なので
車が動き出す日付が変わる頃の移動も方法の一つに挙げられています。

同じ数時間を渋滞の中で過ごすよりなら、その分を休んでおくのも賢い方法です。

ビジネスホテルはチェックインが遅い場所も有りますので、
予め移動の方向に合わせて的を絞っておきたいものです。

大きなイベントは日付変更覚悟で!

大掛かりなイベントはその日の内に敷地内を出るのが難しいことが多いです。

イベントの開催時間が縮小された分帰りまでの時間が
反対に長く感じられる事もあると思います。

この事も含めてイベントを楽しめる準備をしておきましょう!